まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ドラマ「ロキ」シーズン2、ヘッドライター降板へ ─ シーズン1での後悔も語る

投稿日:

ディズニープラスで配信のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」シーズン1のヘッドライターを務め、シーズン2でも引き続き担当すると報じられていたマイケル・ウォルドロンさんが、海外メディア Digital Spy とのインタビューの中でシーズン2から降板している事を明かしました。

sponsored link
 

インタビューの中でウォルドロンさんは「私たちは2人の素晴らしい監督を雇いました。ジャスティン・ベンソンとアーロン・ムーアヘッドは素晴らしいです(ロキs2、ムーンナイトの監督)。そしてエリック・マーティンはシーズン2のヘッドライターなので、クリエイティブチームは素晴らしいです。トム(・ヒドルストン)がかつて言ったように、これからもっとたくさんのいたずらがありますよ。」と述べました。

新たなヘッドライターとして名前が挙げられたエリック・マーティンさんも「ロキ」シーズン1の脚本に参加し、4話「分岐イベント」、6話「とわに時を いつでも」を担当していました。

また、ウォルドロンさんはシーズン1での後悔を次のように語りました。

「『ロキ』では、可能な限り気密性を高めるためにかなり頑張ったんです。でも、「ああ、くそっ、あんなに明確に定義しなければよかった」と思うこともありました。自分の番組で、なぜマルチバースのルールについてあれほど具体的に説明しなければならなかったのかわかりません。」

ウォルドロンさんは「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」にも脚本として参加しており、整合性を取るのは簡単だったとしつつも、今後のMCUでマルチバースを扱う時に自分の作ったルールに帳尻合わせしなくてはならない事に対して、いくらかの不安とプレッシャーを感じているようです。

「ロキ」シーズン2は6月から撮影に入ると主演のトム・ヒドルストンさんが明かしており、撮影開始のタイミングから考えて2023年前半の配信時期が予想されています。先日は「ロキ」と関係が深いと考えられている「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」が2023年2月公開に繰上げられた事もあり、来年の今頃もまたマルチバースに関する話題でもちきりになりそうです。

ドラマ「ロキ」シーズン1はディズニープラスで配信中です。

ソース:Doctor Strange 2 writer teases connection to Loki season 2

-ドラマ
-,

執筆者:

関連記事

ジェームズ・ガン監督が映画「ガーディアンズ3」はファンが期待しているものにはならないと言う ─ ホリデースペシャルは中断中

マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」のジェームズ・ガン監督が、海外メディア Collider とのインタビ …

ドラマ「ミズ・マーベル」より新予告「Destiny」が公開

来月からディズニープラスで配信が始まるMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ミズ・マーベル」より新たな予告「Destiny」が公開されました。コミックとは異なる能力になる事が予想され …

ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」は秋頃、ドラマ「ワンダビジョン」は12月リリースか

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、映画やドラマの撮影やリリースが世界中で遅延していましたが、この所は地域によっては少しずつ再開の傾向に入っています。 マーベル・スタジオの作品のロケ地にもなって …

ドラマ「シーハルク」のおおまかな時系列が判明

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シーハルク:ザ・アトーニー」のエグゼクティブ・プロデューサー兼ヘッドライターのジェシカ・ガオさんが、海外メディア TV …

ドラマ「シークレット・インベージョン」のロケ写真、動画がリーク ─ エミリア・クラークさんの外見が明らかに

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シークレット・インベージョン」のロケ写真がリークされました。写真には未知の役割でキャスティングされているエミリア・クラー …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。