まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

コミック

ゴーストスパイダーがヒューゴー賞2021のファイナリストに

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

先日行われた DisCon III で、2021年度のヒューゴー賞の最終候補作品が発表され、「GHOST-SPIDER VOL. 1: DOG DAYS ARE OVER」が最優秀グラフィックストーリー部門にノミネートされました。ヒューゴー賞は、SFとファンタジーの分野で最も優れた作品に贈られる賞で、1953年に初めて授与されて以来、1955年以降は毎年授与されています。

sponsored link
 

今回ノミネートされたコミックの公式概要は以下のとおりです。

「GHOST-SPIDER」では、Earth-65のスパイダー・ウーマンだったグウェン・ステイシーが、マーベル・ユニバースに登場します。故郷での悪評が頭をよぎる中、グウェンはスーパーヒーロー活動のために、そして学校のために、マーベル・ユニバースのプライム・エリアにやってきたのです。ESUの新入生は、大好きな世界と知り合いになったばかりの世界を行き来しながら、マルチバーシティの猛特訓を受けることになります。しかし、グウェンの旅に目をつけているヴィランはいるのだろうか?新生ゴースト・スパイダーは次に来ることに備えることができるのか?

グウェン・ステイシーを書いたことについて、ショーナン・マクガイア氏は次のように語っています。

「ゴースト・スパイダー」を書いていて純粋に気に入ったことはたくさんありますが、2つのお気に入りは、a)グウェンが父親と話すとき、b)グウェンがもう洗濯をしなくてもいいとわかった途端に、ただ…やめてしまったことです。グウェン・ステイシーを書く機会があるとは思ってもみませんでしたし、ましてや2つの異なるタイトルで主役を務めるとは思ってもみませんでした。今でもとても興奮しています。このプロセスのすべてのステップがエキサイティングです。

©MARVEL

Earth-65のグウェン・ステイシーはもともとスパイダーウーマンと名乗って活動をしていました。その後正体がバレた彼女は市民からスパイダーグウェンと呼ばれるようになります。そしてマーベルの正史世界とも言えるEarth-616に渡った際に再び正体を隠して活動出来るようにゴースト・スパイダーを名乗るようになりました。

なお、2015年にはコミック「Ms.マーベル:もうフツーじゃないの」がヒューゴー賞最優秀グラフィック・ストーリー部門を受賞しています。

2021年ヒューゴー賞の受賞者は、2021年12月15日~19日にワシントンD.C.で開催されるDisCon IIIでの授賞式で発表されます。

ソース:公式サイト

-コミック
-,

執筆者:

関連記事

「もしも・・・ドナルド・ダックがウルヴァリンだったら?」、アニバーサリーコミックのカバーが4点公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベルがウルヴァリン生誕50周年とドナルド・ダック生誕90周年を記念するコミック「Marvel & Disney: What If& …

コミック「X-FORCE」シリーズの新たな敵はセレブラックス!知覚兵器と化したセレブロとの対決を描く

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 2022年4月から開始される新たなコミックシリーズ「X-FORCE」の敵がセレブロである事をマーベルが発表しました。「デスティニー・オブ・X」 …

12月10日からジャンプ+で「デッドプール:SAMURAI」が連載開始

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 現在開催中のオンラインイベント「東京コミコン2020」のマーベルXジャンプ:日米編集長対談のステージ上で、ジャンプ+でデッドプールの新連載が始 …

今年も開催X-MENファン投票、2023年の候補者が発表

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 今年で3回目となるX-MENのファン投票の開催がマーベル公式より発表されました。あわせて2023年の候補者6人も発表され、今年は、現地時間1月 …

マーベルがいくつかの商標を取り下げ、「アベンジャーズ:エターニティ・ウォーズ」は計画維持か

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・エンターテイメントが大量に商標登録を行ったと報告された2022年7月、この数時間後にマーベル・スタジオはMCU(マーベル・シネマティ …

PREV
ケビン・ベーコンさん、MCUに参加したいと語る ─ ジェームズ・ガン監督も反応
NEXT
ドラマ「ロキ」、トム・ヒドルストンさんがロキの過去、現在、そして未来を語る

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。