まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

グッズとイベント 映画

ディズニーがパーク内を闊歩するロボット「グルート」のテスト開始を報告

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

ウォルト・ディズニー・イマジニアリング社がフリーローミングロボット「グルート」のプレイテストを開始したことを発表し、その映像をYoutubeにて公開しました。マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのグルートをベースにしたこのロボットは、園内を自由に歩き回る事を計画しているようです。

sponsored link
 

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.2」をベースにしていると見られる小型のグルートロボが、ステージ上を歩き回り、時にはダンスする姿を映像内で披露しています。

研究開発責任者のジョエル・ピーヴィーさんは「我々はストーリーテリングの会社なので、可能な限り本物の方法でこれらのキャラクターに命を吹き込みたいと考えています。私たちにとって、それは歩くロボット俳優を意味します。スタイリッシュに動き、ジェスチャーし、感情移入することができます。」と述べています。

また、ディズニー・ライブ・エンターテイメントのエグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクター、マイケル・セルナさんは「理想はゲストが興奮することですが、大人も子供も、ゲストが目に見えて興奮するのを見たのは初めてです。彼らが目にするものは衝撃的であり、これがどれほどユニークで楽しいものであるかが伝わると思います。」と語りました。

MCUのグルートは様々なバージョンが登場しましたが、今のところは映像で紹介された小型モデルのグルートの開発に集中しているようです。「Vol.3」で見た最新のグルートはかなり巨大な姿に成長しましたが、それらもいずれ制作されるのかどうか、注目となっています。

sponsored link
 

このロボは、コンパクトなプラットフォームで50度以上の関節自由度を提供し、スタイリッシュに歩き、ジェスチャーし、感情を表現することができるとの事。全身運動と従来のキャラクターアニメーションを組み合わせたカスタムオーサリングツールを使用することで、アーティストはロボットキャラクターに表情豊かなモーションとインタラクティブな動作を素早く実現することができると言います。

現在のところロボ・グルートはテスト中であり、一般のゲストとの交流が可能になる運用スケジュールは未定となっているようです。

-グッズとイベント, 映画
-, ,

執筆者:

関連記事

【噂話】映画「デッドプール3」、デップーの旅の目的が判明か─結末に関する話も

マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「デッドプール3」で、ライアン・レイノルズさんが演じるデッドプール/ウェイド・ウィルソンの旅の目的について海外スクーパー …

【噂話】チャーリー・コックスさんがMCU「スパイダーマン4」にデアデビル役としてサインしていると報じられる

Netflixドラマ「デアデビル」で主演を務めた俳優のチャーリー・コックスさんがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン4」にデアデビル役として出演する事にサインしたと、海 …

「ホワット・イフ・・・?」S2、キャプテン・カーターがインフィニティ・ストーンで死ななかった理由は?監督が解説

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のアニメ「ホワット・イフ・・・?」シーズン2のブライアン・アンドリュース監督が海外メディア Comicbook.com のポッドキ …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」初期プランではワンダはヴィランではなかった事が判明

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の最初のバージョンのアートを担当したトーマス・デュ・クレストさんが、 …

【噂話】ブリー・ラーソンさんがキャプテン・マーベル役を降板したがっていると報じられる

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「マーベルズ」の主人公キャプテン・マーベル/キャロル・ダンヴァースを演じているブリー・ラーソンさんが、同役を降板したがってい …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。