まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

見逃した人向け、ソニーラテンアメリカが昨年末に削除したスパイダーマンの動画 ─ 他、最新の噂など

投稿日:

2020年の年末にソニー・ピクチャーズ・ラテンアメリカが公開し、すぐに削除したスパイダーマンの動画は当時さまざまな憶測を呼びました。あれから約半年、「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の新たな情報や噂も増えた上で、この削除された公式動画は一体何を示していたのでしょうか。

sponsored link
 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Michael Roman(@iamfires)がシェアした投稿

動画としてはトビー・マグワイアさん、アンドリュー・ガーフィールドさん、そしてMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でおなじみのトム・ホランドさんの三人のスパイダーマンの映像をミックスしたもの。

キャプションではスペイン語で「あなたのお気に入りのスパイダーマンは誰ですか?でも選ぶ必要はありません。マルチバースではなんでも起こる可能性があります!」と書かれており、やはり全員が揃うことを示唆しているようにも思えます。

しかし、トム・ホランドさんは以前のインタビューにて「撮影中に二人を見たことはない」と回答し、アンドリュー・ガーフィールドさんは今月頭のインタビューで「ノー・ウェイ・ホーム」への関与を否定しました。

ところが撮影終了の報告として「ノー・ウェイ・ホーム」のスタント・コーディネーターのジョージ・コットルさんが公開したInstagramの写真では、初代「スパイダーマン」を演じたトビー・マグワイアさんのスタントダブルであるクリス・ダニエルズ氏の名前や、「アメイジング・スパイダーマン」シリーズで主人公を演じたアンドリュー・ガーフィールドさんのスタントダブルであるウィリアム・スペンサー氏の名も見つかっています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

georgejcottle(@georgejcottle)がシェアした投稿

最近ではロケ現場に「アメイジング・スパイダーマン」シリーズでメイおばさんを演じた俳優のサリー・フィールドさんが目撃されたとの情報も出ています。(コロナ禍によるマスクに加えてサングラスもしていますし、デジタルフェイクの可能性もあるため確証はありません。)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SENTIDO MARVEL(@sentidomarvel)がシェアした投稿

マーベル・スタジオはドクター・ストレンジが「ノー・ウェイ・ホーム」に登場する事を公式に明かしている他、各俳優さんの口から出演が明かされてしまったケースもありました。

「スパイダーマン2」でヴィランのドクター・オクトパスを演じたアルフレッド・モリーナさんと、「アメイジング・スパイダーマン2」でヴィランのエレクトロを演じたジェイミー・フォックスさんがそれぞれ出演を認めています。

過去の2シリーズのヴィラン俳優とスタントマンが関与している「ノー・ウェイ・ホーム」で、実際に3人のスパイダーマンが登場するのでしょうか?

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は 2021年12月17日 米国公開予定です。

-映画
-

執筆者:

関連記事

ディズニー+で視聴出来ないMCU作品

ディズニーの動画配信サービス「ディズニー+」の日本でのサービス開始が 2020年6月11日 とアナウンスされましたが、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の作品のうちいくつかは残念ながら視聴 …

ケヴィン・ファイギ社長が映画「ブラックウィドウ」のイースターエッグを示唆

先週行われたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」のワールドプレミアのイベントの中で、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が今作のイースターエッグについて示唆し …

トム・ホランドさん、アベンジャーズタワー購入者のネタバレをしそうになるもゼンデイヤさんに止められる

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のプロモーションとして、海外メディア Comicbook.com とのインタビューに応じたトム・ホランドさん …

ディズニーから2024年のMCU映画リリーススケジュールが発表

2008年公開の映画「アイアンマン」から始まったマーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画やドラマは2021年に入りフェーズ4に突入しています。現在は2023年までの …

映画「ソー:ラブ&サンダー」のラスト1秒について劇場で知ったと監督が語る

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」の最後の最後について、タイカ・ワイティティ監督は「何も知らされていなかった」と、海外メディア Ins …

PREV
「アベンジャーズ・キャンパス」のキャストコスチュームが公開
NEXT
Huluアニメ「M.O.D.O.K.」のショーランナーが「ケヴィン・ファイギが後押ししてくれた」と明かす

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。