まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

「デッドプール」ヴァネッサ役モリーナ・バッカリンさんが「アベンジャーズ」マリア・ヒル役のオーディションを受けた時の事を語る

投稿日:

FOXのマーベル映画「デッドプール」で主人公のウェイド・ウィルソンの恋人ヴァネッサを演じたモリーナ・バッカリンさんが、The Happy Sad Confused ポッドキャストに出演し、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ」(2012年)のマリア・ヒル役のオーディションを受けた時のことを語りました。

sponsored link
 

バッカリンさんは番組内でマリア・ヒルという役について「全然、ピンと来ませんでした。ジョス・ウェドン監督が私を起用してくれたのは素晴らしいことです。監督はマリア・ヒルがエイリアンのシガニー・ウィーバーのようだと言い続け、彼女はこのようなハードなエッジを持っていると言いましたが、私は『理解できないわ』という感じでした。ページ上で見ることも、演じることもできませんでした。」と、キャラクターを掴みきれなかった事を明かしました。

また、「アベンジャーズ」で実際にマリア・ヒルを演じたコビー・スマルダーズさんとテストに臨んだ時の事を「私はテストを受けました。コビーと一緒にいて、お互いにテストして、『彼女はこの役を取るんだ、私にはわかる』って感じたのを覚えています。監督は私に『感情的になりつつも、全てを抑え込んでハードに演じるように』と言ったんだけど、私は『私に何を求めているのかわからない。私にはできないわ』って。」と思い返しながら述べました。

バッカリンさんは最終的に役が貰えなかったものの、コビー・スマルダーズさんがこの役に最適だったと付け加えました。

モリーナ・バッカリンさんが出演していた「デッドプール」は最新作となる3作目がMCUとして制作される事が決定しており、ウェイド・ウィルソン役を引き続きライアン・レイノルズさんが演じる事が発表されていますが、ヴァネッサのキャスティングについては明かされていません。

そもそも「デッドプール2」の冒頭でヴァネッサは死亡しており、その後作中でデッドプールがタイムトラベルした事でヴァネッサが死を回避するタイムラインも発生しましたが、MCUが前2作の物語をどう継承していくのかは不明となっています。モリーナ・バッカリンさんはMCUに戻ってくるのでしょうか?

映画「デッドプール」、「デッドプール2」はディズニープラスで配信中です。

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

【噂話】実写版「マーベル・ゾンビーズ」の計画が進行中?コミックライターが気になる発言

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のアニメ「ホワット・イフ…?」のエピソード5ではマーベルヒーローたちがゾンビになってしまった世界が描かれました。これは …

米ディズニープラスがMCUの時系列ウォッチオーダーをリリース

ディズニープラスの米国版がMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)を時系列で視聴するためのウォッチオーダーを公開しました。日本で展開されているディズニープラスではまだ確認出来ませんが、順番は以下 …

映画「エターナルズ」のフィーチャレットと新たなポスターが公開

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」の裏側を紹介するフィーチャレット「In The Beginning」と、IMAX、RealD 3D、ドルビー …

トム・ホランドさん「ファンのおかげです」 ─ 映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」がMCU2番目のオープニング記録樹立

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」が金曜日に日本と一部地域を除く世界中で公開され、大ヒットしています。「ノー・ウェイ・ホーム」は公開初日に米国 …

アメリカチャベスのソロ作品が計画中?映画「ドクター・ストレンジ2」脚本家がほのめかす

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の脚本を担当したマイケル・ウォルドロンさんが、海外メディア Vani …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。