まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

ソーチー・ゴメスさんが映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のオーディションで「ベネディクトが怖かった」と語る

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に新ヒーローのアメリカ・チャベスとして出演しているソーチー・ゴメスさんが、キャスティングされるまでのオーディンション秘話を明かしました。

sponsored link
 

ディズニーのD23マガジン2022年春号のインタビューで、ゴメスさんはオーディションについて「2020年3月、初めてセルフテープのオーディションを受けたんですが、それは無題のマーベルのプロジェクトでした。オーディションの後、長い間、何の音沙汰もありませんでした。その後、8月にまたテープを撮るように連絡がありましたが、今思うと完全にフェイクの脚本と新しいフェイクのキャラクター名でした。」と明かしました。

そして、「その1週間後、エージェントから電話がかかってきて、私がピン留めされた、つまり、スタジオがあなたに対してとても真剣だということだと言われたんです。その数日後、ロンドンでのスクリーンテストのオファーが来たんです。10日ほどでパスポートを準備し、飛行機に乗りました。」と、今度はほとんど間を空けずにテストを受けることになったと語りました。

続いて、「周りを見渡すと、4台のカメラと80人ほどのクルーがいました。そこは本物の映画のセットでした。もはやスクリーンテストの規模ではありません。ベネディクト(・カンバーバッチ)とはその時初めて会ったので、怖かったです。彼とのシーンはとても緊張しました。でも、彼はすごくいい人で、サム(・ライミ)やリッチー(・パーマー)もそうでした。とても怖かったけど、みんなが私を歓迎してくれました。」と初めて現場に足を踏み入れた感想を述べました。

最後にスクリーンテスト後について、「アメリカに帰国した2日後、エージェントであるステラ・アレックスからZoomコールがありました。そこにキャスティング・ディレクター(サラ・ハレー・フィン)がひょっこり現れて、「受かったよ!」と言ってくれたんです。私は文字通り衝撃でした。特にサラが『ソーチー、マーベルファミリーへようこそ!』と言ったときは、信じられませんでした。『あなたはアメリカ・チャベスよ。』私は「本気なの?」と心臓が止まりそうでした。希望を持ちたくなかったから、考えることもできませんでした。」とキャスティングが決まった時の心情を明かしました。

コミックのアメリカ・チャベスは次元移動能力を持つヒーローで、映画における複数のマルチバースの移動にも大きく関与していると考えられています。また、ヤングアベンジャーズのメンバーでもあり、今後のMCUでも重要なキャラクターになる可能性は高く、自身のソロシリーズを獲得する事も十分に考えられます。アメリカ・チャベスが今作でどのような活躍を見せてくれるのか、注目になりそうです。

「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の公式概要は以下のとおりです。

危険すぎる禁断の呪文によって時空を歪ませてしまったストレンジは“マルチバース”と呼ばれる謎に満ちた狂気の扉を開いてしまう。何もかもが変わりつつある世界を元に戻すため、盟友の魔術師ウォン、そしてアベンジャーズ屈指の強大な力を誇るスカーレット・ウィッチことワンダにも助けを求めるが、もはや彼らの力だけではどうすることもできない恐るべき脅威が人類、そして全宇宙に迫っていた。その宇宙最大の脅威とは、、、なんとドクター・ストレンジと全く同じ姿の人物で「宇宙への最大の脅威はお前だ」と不敵な笑みを浮かべていた…。
監督:サム・ライミ 出演:ベネディクト・カンバーバッチ/エリザベス・オルセン/ベネディクト・ウォン/レイチェル・マクアダムス /キウェテル・イジョフォー/ソーチー・ゴメス 『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』2022年5月映画館にて公開!

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」は 2022年5月4日 日本先行公開予定です。

ソース:MCU Star Reveals Marvel Studios’ Intense Audition Process for America Chavez

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

ケヴィン・ファイギ氏が映画「アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ」の監督の噂を否定

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が海外メディア Variety とのインタビューの中で、映画「アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ」に「ブラックパンサー」シリーズのライアン・クーグラー監督 …

映画「デッドプール3」でのウルヴァリン登場は最初から計画していたとライアン・レイノルズさんが語る

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「デッドプール3」の主演を務めるライアン・レイノルズさんが、海外メディア Collider とのインタビューの中で、ウルヴァ …

ブリー・ラーソンさん、「アイアンマン2」や「マイティ・ソー」のオーディションを受けていた事を明かす

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でキャプテン・マーベル/キャロル・ダンバースを演じるブリー・ラーソンさんが自身のYoutubeチャンネルで、過去にオーディションを受けたものの役を入手でき …

ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」は秋頃、ドラマ「ワンダビジョン」は12月リリースか

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、映画やドラマの撮影やリリースが世界中で遅延していましたが、この所は地域によっては少しずつ再開の傾向に入っています。 マーベル・スタジオの作品のロケ地にもなって …

映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」より未使用に終わったカーネイジのウーバーフォームのアートが公開

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」より、本編には使われなかったカーネイジの姿が明らかになりました。このアートは本 …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。