まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

コミック

マーベルが「X-MEN:HELLFIRE GALA」2022のコスチュームを紹介

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベルが6月発売予定のコミック「X-MEN:HELLFIRE GALA#1」より、各キャラクターの新たなコスチュームを発表しました。今回クラコアのグリーンカーペットに登場するのはミュータントだけではなく、意外なキャラクターについても紹介されています。

sponsored link
 

「このようなデザインの仕事をすることになり、とても感激しています。」とアーティストのラッセル・ドーターマンさんは語ります。「ガラのデザインで私が一般的に考えているのは、ハイファッションなスーパーヒーローのコスチュームであること、つまりキャラクターの個性を反映し、ランウェイや戦場でも通用するようなルックであることです。」

各キャラクターの公式概要とドーターマンさんの一言コメントは以下の通りです。

ウルヴァリン

昨年、ウルヴァリンはクラコアの最初のチームであるX-MENのメンバーに選ばれています。彼女がチームを続けることを望むか、それともその爪を他の場所に貸すかは、まだわかりません。ヘルファイア・ガラのルックでは、かつてのゴススタイルに回帰しています。

「ローラのデザインは、リナ・サワヤマ、デュア・リパ、アヴリル・ラヴィーンなどのポップパンクスタイルに、フランク・クワイトリーの非常にクールなニューX-Menの美学をミックスしました」とドーターマンさんは明かしました。

©MARVEL

スカーレットウィッチ

昨年のヘルファイア・ガラは、ワンダにとって良い結果にはなりませんでしたが、今回、彼女は償還され、クラコアに抱かれ、これまでで最も豪華なルックを身にまとって戻ってきました。

「ワンダは私の大好きなキャラクターの一人なので、彼女をデザインするチャンスに飛びつきました!」とドーターマンさんは振り返ります。魔法の図像に傾倒し、スカーレットウィッチの過去のコスチュームをいくつか参照しました。さらに、彼女の息子ウィッカンと、彼女の妹ポラリス(『MAGNETO: DARK SEDUCTION』時代)を想起させます。

©MARVEL

ドクター・ドゥーム

クラコアの最大の敵ですが、昨年のヘルファイア・ガラで世界を変えるような活躍をしたドゥームなら、あえて招待を拒むことはないでしょう。彼の衣装は彼の力を誇示し、彼が自分の国を支配していることをX-MENに思い起こさせます。

「ドゥームは一般的にかなり大げさなので、それを強調するためにファッションの要素を選び、バロック調で威厳のある外観にしました」とドーターマンさんは説明します。「彼は、列車付きの重い毛皮のマント、ローマのトーガにインスパイアされたサッシュ、そしてより装飾的なマスクを持っています」

©MARVEL

シーハルク

戦場でも法廷でもミュータントの味方であるジェンのウィットと超強力さは、クラコアで常に歓迎されています。

「私はジェンのためにシャネルにインスパイアされたロゴマークをデザインし、流れるような生地、細いヒール、真珠といった繊細なものと対比させることによって、彼女の筋肉を強調しようとしました」

©MARVEL

ガンビット

いつもハートを鷲掴みにするガンビットの魅力は、今年も存分に発揮されています。異世界への冒険が始まるので、参加できないことがないように…。

「ガンビットの古典的なコスチュームをさらにきわどいものにするために、セクシーさとみすぼらしさのバランスをとろうとしました」

©MARVEL

ブラックウィドウ

マーベルが誇るスーパースパイの謎と魅力を表現した、ブラックウィドウのタイムレスなスタイルを表現したデッドリー・ナンバーです。

「ドレスとしていくつかのバリエーションを作りましたが、カチューシャとして着るのが一番好きです。スマートでセクシーでありながら、ステルス性もある。顔を覆っているのは、ナターシャの初登場時のルックにちなんでいます。」

©MARVEL

スパイダーマン

昨年は招待されなかったスパイディ。今回、彼はこのお祭りで重要な役割を果たすことになり、新しいスーツを身にまとい、みんなの目を引くことでしょう。5月7日発売の「FREE COMIC BOOK DAY: X-MEN/AVENGERS」で、彼の活躍をご覧ください。

「これは、スパイダーマンのコスチュームをよりドラマチックに、未来的にしたものです。ボディスーツは暗闇の中に隠れるので、光る蜘蛛のマークと幾何学的なアクセントがポップです。」

©MARVEL

ハボック

ヘリオンとの激動の1年を経て、ハボックはミュータントの世界で重要な役割を果たすために必要なものがまだあることを証明しようと意気込んでいます。これまで以上に自信に満ちた姿で、彼の美学を象徴するルックに身を包んでいます。

「このルックは、アレックスのクラシックな白黒のコスチュームと90年代のX-Factorのルックを融合させたもので、このコスチュームが大好きです!袖と靴にある畝はハボックの力の輪を表しており、首のXは蝶ネクタイをイメージしています。」

©MARVEL

アイスマン

マローダーズの一員としてオメガ級の偉業を成し遂げた後、クールダウンしていたアイスマン。ボビーは、氷のようなスーツに身を包んで、再び活躍の場を求めています。

「アイスマンのジャンプスーツとブーツは、上に着る服の代わりに、彼の体の延長である氷なんです。ボビーには、ヴェルサーチからインスピレーションを得た、滑らかでシックなものを着てほしかったんだ。」

©MARVEL

シンク

近年、金庫での長い任務とX-MENの一員としての重要な役割により、シンクのパワーレベルと人気は急上昇しています。エバレットは、虹色のパワーを持つミュータント・ヒーローにふさわしい新しいコスチュームを身にまといました。

「シンクには、彼のパワーを象徴するような、現代的なコスチュームを着せたいと思いました。 さらに、赤は彼の色であり、ジェネレーションXへの敬意を表しています」

©MARVEL

マジック

噂によると、マジックは魔界の次元であるリンボへの権利を放棄するようですが、まだソウルソードを手放すことはないでしょう。クラコアの大隊長の一人である彼女のダークで悪魔的なルックスは、王座があろうとなかろうと、イリアナ・ラスプーチンが常に女王であり続ける理由を証明しています。

「ダークチャイルドのパンツスーツ!?イリアナの悪魔のイメージを、ミュグレー、ガガ、マックイーン風にアレンジしました」

©MARVEL


コミック「X-MEN: HELLFIRE GALA #1」は2022年6月発売予定です。

ソース:公式

-コミック
-,

執筆者:

関連記事

邦訳コミック「ヴィジョン」が本日1月31日発売 - MCUドラマ「ワンダビジョン」の原案本

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の新作ドラマ「ワンダヴィジョン(原題:Wandavision)」の原案となっているマーベル・コミ …

コミック「ミッドナイト・サンズ#2」に登場の若きアガサ・ハークネスが公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベルコミックは先日新たにスタートしたコミックシリーズ「ミッドナイト・サンズ」の次号となる#2でデビューするヤング・アガサ・ハークネスのデザ …

映画「ザ・マーベルズ」のモニカ・ランボーはフォトンになる?

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベルコミックが2022年12月にモニカ・ランボーを主人公とした初のソロコミックシリーズ「フォトン」を発売すると発表しました。このタイミング …

コミック「Bloodline: Daughter of Blade」、新たなティーンヒーローの等身大を描いていくという

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 2022年にリリースされた「フリー・コミックブック・デイ:アベンジャーズ/X-MEN」でデビューしたブラッドライン/ブリーレ・ブルックス。吸血 …

コミック「カーネイジ」の概要が発表

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベルコミックがカーネイジ生誕30周年を記念したソロシリーズ「カーネイジ」の詳細を発表しました。2月に発売されたアンソロジー作品「カーネイジ …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール3」(日本未定)
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年11月8日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。