まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

コミック

マーベルがコミック「キャプテン・カーター」のソロシリーズと新コスチュームを発表

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のアニメ「ホワット・イフ…?」(2021年)に登場したキャプテン・カーターがコミックでソロシリーズ化されることをマーベルが発表しました。2022年3月より5号のミニシリーズとして発刊予定となっています。

sponsored link
 

本シリーズには「キャプテン・マーベル」や「ヤング・アベンジャーズ」などを手掛けたジェイミー・マッケルビーさんがライター兼デザイナーとして参加。そして「スターウォーズ:ドクターアルファ」を手掛けた新進気鋭のアーティスト、マリカ・クレスタさんも加わって制作されます。

5号のリミテッド・シリーズでは、ペギー・カーターが時を越えた女性として、現代に再登場した古い敵に直面し、盾の使い手として何を支持するかを決める冒険に、キャプテン・カーターが登場します。

公式の概要は以下のとおりです。

エージェント・ペギー・カーターがスティーブ・ロジャースの代わりに超人血清を摂取した現実は、第二次世界大戦の英雄が数十年前に戦場で行方不明になった氷の中から引き上げられたことで、ひっくり返る。ペギーは、街は騒がしく、テクノロジーはより賢く、敵は優しい顔をしているなど、より複雑になった現代の世界で自分の立ち位置を見つけようと奮闘します。誰もがカーター・キャプテンを味方につけたいと考えていますが、ペギーの望みは何でしょうか?そして、謎の勢力がすでに彼女を狙っている中、彼女にはそれを理解する時間があるのでしょうか?

「私は誰よりもスクリーンで見たキャプテン・カーターの大ファンなので、自分たちのバージョンを作るチャンスに飛びつきました」とマッケルビーさんは言います。「終戦から80年後に目覚めたペギーの姿を探るのは、とても楽しいことです。世界はキャプテン・カーターの神話を記憶していますが、ペギーにとって現実はつい昨日のことなのです。今、彼女はほとんど認識されていない新しい世界にいることに気づきます。人々が望むスーパーヒーローになれるのでしょうか?」

©MARVEL

「これらの疑問を探求することはとてもエキサイティングで、マリカと私が考え出した世界がとても気に入っています。マリカのページを見るのが待ち遠しいです。ペギーや他のキャストには生命力とエネルギーが溢れていて、アクションシーンも見事です。」

コミック「キャプテン・カーター #1」は 2022年3月9日 発売予定です。

ソース:公式

-コミック
-

執筆者:

関連記事

マーベルが2021年の女性史月間のヴァリアントカバーを発表

マーベルが2021年3月の女性史月間を記念したヴァリアントカバーを公開しました。アーティストのジェン・バーテルさんによるカバーは全8種類で、キャラクターのデビューした年のファッションをテーマにしたデザ …

マーベル×ウルトラマン新作「ザ・ミステリー・オブ・ウルトラセブン」が発表

マーベルがウルトラマンの新シリーズ「ザ・ミステリー・オブ・ウルトラセブン」を発表しました。先日開催されたイベント「ウルトラマン・コネクション・ライブ:ウルトラマン・デイ」の「ウルトラマン・コネクション …

ブラックウィドウのコミック新シリーズが始動

ブラックウィドウのコミックの新シリーズが4月にスタートすると、マーベルの公式Youtubeチャンネルでティザームービーが公開されました。 ベストセラー作家のケリー・トンプソン(キャプテン・マーベルやデ …

コミック「マエストロ」のティザー動画が公開

スーパーヴィランとなってしまった未来のハルク、「マエストロ」のシリーズが来月から始まり、そのトレーラーが公開されました。 sponsored link   マエストロは1992年の「ハルク:フューチャ …

マーベルが「ウルヴァリン」にデップーが戻ってくる事を予告

マーベルが2022年4月発売予定のコミック「ウルヴァリン #20」でデッドプールが戻ってくる事を予告しました。ライターのベンジャミン・パーシーさんとアーティストのアダム・クバートさんの名コンビは、「X …

ホークアイ関連記事

What if…?関連記事

ロキ関連記事

◆2021年10月1日「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」(日本2021年12月3日)
◆2021年11月5日「エターナルズ」MCU
◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」(日本未定)
◆2022年5月6日「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」(日本未定)
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。