まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

コールソン役クラーク・グレッグさん、「ロバート・ダウニーJr.がアイアンマンを演じれば大成功することは分かっていた」と語る

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でエージェント・フィル・コールソンを演じた俳優のクラーク・グレッグさんがポッドキャスト At Home With The Creative Coalition に登場し、MCUを振り返る中で1作目である「アイアンマン」で主演を務めたロバート・ダウニーJr.さんについて言及しました。

sponsored link
 

放送の中でグレッグさんは以下のように述べました。

ジョン・ファブローが「アイアンマン」を監督し、ロバート・ダウニーJr.がグウィネスやジェフ・ブリッジスと一緒にそのキャラクターを演じると聞いたときから、もしロバートが登場して、我々が期待していた通りの才能を発揮してくれれば、中毒の問題も含めたとしても、これまでにない最高のバージョンになるだろうと思っていました。

ロバート・ダウニーJr.さんは1990年代半ばに薬物乱用の疑いをかけられ、以降何度も逮捕されていました。映画「ゴシカ」の撮影現場で出会った映画プロデューサーである妻のスーザンさんのおかげで、中毒を克服できたとよく言われています。

ダウニーJr.さんは小学生の頃に父親からマリファナを与えられたことがきっかけで、幼少期から薬物問題を抱えていましたが、グレッグさんやファブロー監督は当初から彼の才能を高く評価し、シリーズを成功させる存在だと考えていた事を明かしました。


 

クラーク・グレッグさん演じるコールソンはロバート・ダウニーJr.さん演じるアイアンマン/トニー・スタークと同じく映画「アイアンマン」(2008年)でデビューし、その後は映画「アベンジャーズ」(2012年)で退場しました。

コールソンはMCUのオリジナルキャラクターでしたが人気を博し、その後はドラマ「エージェント・オブ・シールド」の主人公として物語が再開。また、ドラマ化だけでなくコミック化もされ、現在もコミックで活躍しています。また、MCUでも映画「キャプテン・マーベル」(2019年)ではS.H.I.E.L.D.の新人時代のコールソンが登場しました。

現在、「アイアンマン」以外のコールソンが登場する作品はディズニープラスで視聴できます。

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

【噂話】映画「デッドプール3」にシャッタースター再登場か

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「デッドプール3」に、前作「デッドプール2」に登場したシャッタース …

【ネタバレ注意】映画「マダム・ウェブ」、各国での上映開始で賛否両論のスタートへ

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「マダム・ウェブ」がアメリカで2月14日から公開され、続々と映画 …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」より、削除されたMJ vs. グリーンゴブリンのシーンが明らかに

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズとマーベル・スタジオのMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のコンセ …

【噂話】映画「ドクター・ストレンジ2」で中止されたトム・クルーズさんのスーペリア・アイアンマンはまだ計画が続行中だと言う

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」にトム・ク …

【噂話】映画「ヴェノム3」のタイトルが判明か

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズが「オーウェル」として制作中のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「ヴェノム3」のタイトルについて、海外ス …

PREV
【噂話】スクウェア・エニックスがガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのゲームを開発していると報じられる
NEXT
なぜエターナルズがキャプテン・アメリカの最初の盾を持っているのか

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(日本未定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。