まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

【公開直前】映画「ブラックウィドウ」これまでの情報まとめ #1 ナターシャ編【予想、考察、あれこれ】

投稿日:2020年3月15日 更新日:

※この記事にはMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のフェーズ3までのネタバレを多分に含んでいます。ネタバレが大丈夫な方のみ続きを御覧ください。

 

 

ナターシャ・ロマノフについて

映画のナターシャ

MCUにおけるナターシャの動きを時系列でまとめると、以下のような感じです。

◆幼少期から成人ぐらいまで?
スパイ養成プログラム「レッドルーム」でスパイとしての訓練を受け、KGBに所属し活動を行っていました。映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」で少し語られました。

◆成人以降?
アメリカの安全保障上の重要な脅威とみなされ、S.H.I.E.L.D.からクリント・バートンが暗殺に派遣されました。才能を見出したクリントがスカウトし、KGBからS.H.I.E.L.D.へと鞍替えします。 映画「アベンジャーズ」にて判明しています。

◆2010年
S.H.I.E.L.D.のエージェントとしてスターク・インダストリーズに潜入。トニー・スタークの身辺調査をしたのが映画「アイアンマン2」

◆2014年 S.H.I.E.L.D.の崩壊
映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」でS.H.I.E.L.D.が崩壊するまではエージェントとしての個人活動が主流だったと思われます。

◆2015年 ウルトロン計画
S.H.I.E.L.D.崩壊以降はアベンジャーズとしてのチーム活動が描かれています。

◆2016年 シビル・ウォー
映画「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」にてソコヴィア協定賛成派の立場を取り、トニーの側についてキャップ達と対決します。しかし土壇場でキャップの逃亡に手を貸して、その事をティ・チャラがロス長官に報告。トニーから「君、捕まるぞ」と警告を受けます。

◆2016~2018年
ここが映画「ブラックウィドウ」で描かれるとされている空白の時代

◆2018年 サノス襲来
その後、映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」ではキャップやファルコン達と合流し終えた状態で登場しました。

◆2023年
映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」で「私には何もなかった。でもやっと手に入れた。この仕事と、この家族を」とアベンジャーズ本部でキャップに告げます。

 

ナターシャの目的

トレーラーから汲み取れるナターシャの目的は、「やり残したこと」をやるために「全てが始まった場所」へ向かう事。

場所はやはりレッドルームが順当な流れ。
「やり残したこと」はシンプルに考えると「ブラックウィドウ・オプス」計画を終わらせることでしょうか。これ以上、自分と同じような暗い過去を持つ人間を排出させたくないとか。

でも管理人的には時期が気になっていて、ナターシャはキャップ同様、指名手配中の身。映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」以降、ウルトロンを経てシビルウォーの間までに着手していれば、せめてクリントあたりは手伝ってくれたような、と考えてしまいます。

ブラックウィドウはロシア政府がらみの計画なので、アベンジャーズとして阻止しに行くとそれはそれで外交的に揉めるのも目に見えているので、しょうがなくこのタイミングで動く、ということなのでしょうか。

あるいは、「今すぐ行かなければ」ならない切羽詰まった状況に追い込まれること。となれば、「家族」の誰かのピンチと言ったところでしょうか。

 

トレーラーの気になる所

管理人が一番気になっているのは、ファーストトレーラーの30秒ぐらいのところ。

ロス長官「急いでいるのか」
ナターシャ「最近ちょっと忙しいの」
ロス長官「何をする気だ」

という会話が入っています。

ファーストトレーラー

指名手配犯を追う側と追われる側の会話としては、かなりのんびりしすぎています。

そしてそのロス長官ですが、以下に画像を並べてみました。

トレーラーのロスは若く加工されていて、どうにも時系列があいません。
ちなみに「インクレディブル・ハルク」でのロスも立派なお髭をはやしており、それ以前のロスとしか思えない見栄えです。
とすると、これはナターシャを追っている映像ではない可能性が高いですね。

しかしロス長官は、「インフィニティ・ウォー」の中で、アイアンマンとスパイーダマンが地球から消えてしまって戦力的に大変な状態のときですら、ローディーにキャップ達を逮捕するように指示していました。
なので、映画「ブラックウィドウ」の中でも追われている状態なのは変わらないと思いますが、トレーラーはそのシーンとは別ということになりそうです。

会話のやりとりについては、別々のシーンから切り取って繋げたものかもしれませんね。

もう1点気になったのもファーストトレーラーから。それが次の画像です。

何かの施設の司令室のような部屋。左側には女性のようなシルエット、右側にはぽっちゃり系男子が写っています。

拡大すると後ろで髪をくくっているのは分かるのですが、厄介なことにナターシャ、エレーナ、メリーナ3人共髪をくくっているのです。

くくり方的にはエレーナが一番近いなと思いつつも、バトンを背負ってるエレーナはトレーラーでは一度も登場していないように思います。

右側の人はポスターに名前のあるレイ・ウィンストンさんでしょうか。
体型は似ていると思いますが、ウィンストンさんはこのシーン以外に一切トレーラーに写っておらず、役割も公表されていません。
この施設のトップの人間でしょうか。

 

服装について

すぐに目につくのが、おなじみの黒スーツの他に白のスーツがあること。

白ナターシャは雪の積もる施設に着地し、格闘するシーンと家族4人での食事のシーンに登場します。

服装から考えられる流れは、

1、白スーツ(雪原地帯用の迷彩?)を来てアレクセイを助けにいく
2、家にもどってレッドガーディアンの装備を回収して食事
3、黒スーツに着替えて目的地へ

といった流れでしょうか?下のシーン(スーパーボウル予告)ではアレクセイがレッドガーディアンのスーツを着ているため、食事の後なのは間違いないはずです。フェイク予告でなければ。

フェイクがなければ服装的にこういう流れになると思うのですが、このシーンではアレクセイが共に闘おうと握手を求めています。
後ろには何かしらの残骸があり戦闘した形跡のようにも見えますが、そうなると食事後に目的地へ行く途中で一戦やらかして、そのタイミングで共闘を誓う。なんかちょっと不自然な気もしますね。

 

ナターシャ・ロマノフ 最大の謎

管理人が最も気になっているのが、ナターシャの出生。

どんなヒーローやヴィランでも親はいるでしょうから、当然ナターシャにもいるわけです。
MCUでいうとトニー・スタークの父親ハワードは登場が多く、ソーにもオーディンやフリッガといった両親の登場がありました。
しかしながら多くのヒーローは両親など描かれておらず、だからといって特に気にはなりません。

しかし、ナターシャはこれまでに2度もほのめかされてきたので気になってしまうのです。それが以下のシーン。

左は映画「アベンジャーズ」にて、ロキがナターシャを檻の中から責め立てるシーンです。右は映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」にてレッドスカルから告げられるシーン。

名前が違うのは一体何を意味するのでしょうか?

1、どっちかが生みの親でどっちかが育ての親

しっくり来ると言えば、しっくり来る設定です。

2、ロキかレッドスカルのどちらかが間違った

そもそもロキに読心術的なものはあるのでしょうか。 ロキはこのシーンの後、「バートンから聞いた」と話しているので、そのまんまなんでしょう。
ナターシャがクリントに嘘、あるいは真実だと思っているが間違った親の情報を教えていた場合、ロキとレッドスカルの言い分が違うのは当然かもしれません。

3、アイヴァン・ドレイコフという人の娘

無くはないかと言った感じ。

4、ロキと会話したナターシャと、ヴォーミアにいったナターシャは別人

可能性はゼロではないかなと。

5、単純に制作ミス

そういうこともたまにはあるよね、って感じ(笑

ちなみにコミックのナターシャは

ナタリア”ナターシャ”ロマノフは1928年に生まれた。家系にまつわる話では、彼女はロシア最後の皇帝ロマノフ家に連なる者という「噂」があるが、真偽は不明。残っている記録は、戦火に燃えるスターリングラードのビルで孤立していたところを、ソ連軍の兵士、イワン・ペトロビッチ・ベズクノフに救出されたことから始まっている。1930年代の終わりにはソ連諜報部すなわちKGBのスパイとして訓練を受けはじめた。
その後、設定が変更され、彼女を訓練したのはイワンだけではなく、「レッドルーム」というKGBの施設ということになった。ここでナターシャは女潜伏スパイチームを養成するブラックウィドウ・プログラムの一員となる。

このとき、バイオテクノロジーとサイコテクノロジーによって強化され、若さを保つ体となった。ここではウィンターソルジャー(キャプテン・アメリカの元相棒バッキー)のトレーニングを受け、本当の職業を隠すためバレリーナの練習生をしていた。

ナターシャはソ連では有名なテストパイロットのアレク・ショスタコフと結婚した。結婚の数年後、KGBはロケットのテストでアレクの死を偽装し、ナターシャは文字通り「未亡人」となった。実はアレクは生きていて、秘密裏にスーパーソルジャーレッドガーディアンとなった。ナターシャはレッドルームアカデミーでトレーニングを続け、最終的にブラック・ウィドウの名を受けた。

引用:アメコミ@wiki

となっており、イワンとはIvan、つまりアイヴァンと関係があるのかもしれませんね。映画「アイアンマン2」に出てきたヴィラン、イワン・ヴァンコが父親ってことはないと思います。ないよね?


なんだか長くなりそうなので、ここまでをナターシャ編として、他のキャラクターは別に掘り下げてみようと思います。


以下はトレーラーのリストアップです。

 

これまでに公開されたトレーラー

ファーストトレーラー

スーパーボウルトレーラー

「新たなる敵」編

ファイナルトレーラー

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

ソニー・ピクチャーズのスパイダーマン映画シリーズの総称が報じられる

海外メディアのIGNが、ソニー・ピクチャーズのスパイダーマン関連の映画の総称をスタジオに確認したところ、 Sony Pictures Universe of Marvel Characters だと伝 …

【噂話】MCU版「スパイダーマン3」はホームシックではない?

先日、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のスパイダーマン3作目のタイトルがホームシックになる可能性が報じられましたが、一転してまだ判らないと海外メディアのDirectが報じています。 sp …

サム・ライミ監督の「スパイダーマン2」、ドラフト脚本がオンライン公開 ─ 当初のタイトルは「アメイジングスパイダーマン」

「ミッション・インポッシブル」(1996年)や「スパイダーマン」(2002年)の脚本をてがけたデヴィッド・コープ氏が、自身のサイトで映画「スパイダーマン2」のドラフト脚本の全編を公開しました。 spo …

映画「ニュー・ミュータンツ」の新ポスターが公開

ディズニーに買収され、20世紀FOXから20世紀スタジオと改名してから、初となるマーベル映画「ニュー・ミュータンツ」の新しいポスターが公式ツイッター上で公開されました。前回公開のポスターに負けず劣らず …

MCU版「スパイダーマン3」来週から撮影開始か

ソニー・ピクチャーズが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン」シリーズの3作目が、来週から撮影が始まる可能性が高いと複数の海外メディアが取り上げています。 spo …

PREV
【映画紹介】「マイティ・ソー/バトルロイヤル」【MCU Vol.17】
NEXT
Huluで配信予定のドラマ「ヘルストーム シーズン1」の撮影が終了

  1. […] 【公開直前】映画「ブラックウィドウ」これまでの情報まとめ #1 ナターシャ編【予想、考察、あれこれ】 ※この記事にはMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のフェーズ […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

◆2021年3月19日「モービウス」(日本未定)
◆2021年5月7日(金)「ブラックウィドウ」MCU
◆2021年6月25日「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」(日本未定)
◆2021年7月9日「シャン・チー」MCU






管理人ミルク

アメコミと出会ってはや10年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。