まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

レティーシャ・ライトさん、1年ぶりのインスタ更新で先日の記事に反論

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー」シリーズでシュリを演じるレティーシャ・ライトさんが1年以上ぶりにInstagramを更新し、先日の海外メディア The Hollywood Reporter の報道に対して反論しました。記事ではライトさんが依然として反ワクチン論を支持し、共演者やクルーを危険に晒しているという内容のものでした。

sponsored link
 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

letitiawright(@letitiawright)がシェアした投稿

ライトさんはInstagramに以下のような投稿をしました。

2021年10月6日にThe Hollywood Reporterが発表した報道について、私は悲しく思っています。この報道では、「ブラックパンサー2」の撮影現場での私の行動が取り上げられています。正直なところ、これは全くの事実無根であると断言します。

私のことを知っている人や一緒に仕事をしたことがある人は、私が自分の技術に非常に熱心に取り組んでいることを知っていますし、私の主な関心事は常にインパクトがあり、インスピレーションを与える仕事をすることです。これまでも、そしてこれからも、それが私の唯一の関心事です。

私はこれからも、神の手とイザヤ書54章17節の聖句を握りしめています。私は自分の癒しに集中し続けます。お祈りをありがとうございます。そして、皆さんに神の愛と平和と喜びがあるように祈り続けます。あなたに神の祝福がありますように。

あなたを攻撃しようとする武器は成功しません。あなたに対して語られる言葉は全く痛くありません。

この投稿に対して海外メディア The Direct は、「言葉のどれも”私は予防接種を支持している”という概念を表現していなかったのは心配」だと評しています。

ディズニーは10月中旬にすべての新作映画にステッカーシステムを導入する予定で、これにより撮影現場では予防接種を受けたことを視覚的に証明することができ、ライトさんのようにワクチン反対の姿勢の人をより簡単に排除することができるようになると報じられていました。

これはこのシステムの導入以降から撮影が始まる作品に対して実行される予定で、現時点では「ブラックパンサー2」には適用されない見通しとなっています。しかしブラックパンサーシリーズは続けてスピンオフの制作も決まっているため、その撮影開始までにライトさんがワクチンを接種するか、あるいは新型コロナウイルスが完全に終息しない限り、シュリ役はキャストが変更される可能性が依然として残されているようです。

映画「ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー」は 2022年7月8日 に米国公開予定です。

ソース:Black Panther 2: Letitia Wright Responds to Controversial Set Report

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

トム・ホランドさん、「30過ぎてスパイダーマンを演じていたら何か間違えたと思う」と語る

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の新たな予告が公開され、新たな3部作制作の噂や、SSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の今後も期待さ …

マリサ・トメイさん、「メイおばさんは今後重要なポジションになるかもしれない」と示唆する

ソニー・ピクチャーズが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のスパイダーマンシリーズにて、ピーター・パーカーの叔母であるメイを演じるマリサ・トメイさんが今後のメイについてインタビューで …

ジョン・ワッツ監督が「スパイーダマン:ワーク・フロム・ホーム」の写真を投稿

MCUの映画「スパイダーマン:ホームカミング」「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」でメガホンを取ったジョン・ワッツ監督が、自身のInstagram上に写真を投稿しました。 世界的な広がりをみせる …

映画「ドクター・ストレンジ」続編のプリプロダクションが進行中

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、マーベル・スタジオの作品のいくつかも公開延期や撮影中断の報せが相次ぐ中、映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」の作業は進行中である …

ケヴィン・ファイギ社長がMCUと「ヴェノム」の関係性についてコメント ─ 全ての噂は起こりうる

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が、海外メディア Rotten Tomatoes とのインタビューの中で、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)にソニーの「ヴェノム」が将来的に加わる …

ホークアイ関連記事

What if…?関連記事

ロキ関連記事

◆2021年10月1日「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」(日本2021年12月3日)
◆2021年11月5日「エターナルズ」MCU
◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」(日本未定)
◆2022年5月6日「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」(日本未定)
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。