まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ 映画

「エージェント・オブ・シールド」のクラーク・グレッグさんがAIによるポルノ出演を議会で認める

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

2023年7月から始まった SAG-AFTRA ストライキの争点のひとつにAIに関する懸念が含まれています。MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の「アイアンマン」や「アベンジャーズ」、「エージェント・オブ・シールド」でフィル・コールソンを演じたクラーク・グレッグさんが、今回あらためてAIに対する懸念について語っています。

sponsored link
 

共演者のメリンダ・メイ役ミンナ・ウェンさんらと「エージェント・オブ・ストライキ」を結成してストにも参加しているクラーク・グレッグさんは、今週、フェイク禁止法を検討している議会に参加し証言しました。デラウェア州上院議員クリス・クーンズ氏によると、この法律は「生成型人工知能による無許可のレクリエーションからすべての個人の声と見た目の肖像を守る超党派の提案」だと言います。

グレッグさんは議会で「俳優も他の人々と同様、生体情報を不正アクセスや不正使用から保護する権利がある」と説明。続けて、無許可のAIはプライバシーの侵害であるだけでなく、俳優の仕事に影響を与える可能性があると述べました。そして最近、AIバージョンの自分が出演しているポルノを見たと証言、「最近、アクロバティックなポルノに自分が出演しているという、まるで本物のような画像が送られてきました。腹筋崩壊で死ぬレベルです。面白いけど、恐ろしいことでもあります。」と明かしました。

もちろん実際にクラーク・グレッグさんが出演したものでもなければ、コールソンのLMDが出演しているわけでもありませんが、知らない自分がAIによって動かされている恐怖は俳優に限らずあらゆる人にとって共通です。

グレッグさんは以前にもスーパーヒーロー作品に出演する時は「全身の徹底的なスキャンをされる」と明かし、「制作側がこの先いつでも無許可で複製出来てしまう可能性がある」問題を指摘。俳優の許可や同意が必要な状態にするべきであるとコメントしていました。

生成型AIに関する問題は法律整備がなかなか追いついておらず、この問題の着地点が見えないことにはストライキが続くと考えられています。

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」はディズニープラスで配信中です。

ソース:Agents of SHIELD Star Clark Gregg Testified Before Congress About AI

-ドラマ, 映画
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「ロキ」の米配信日が2021年6月11日に決定

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」の米配信日が2021年6月11日に決定したことが公式にアナウンスされました。20 …

ドラマ「ワンダヴィジョン」、初期の頃はアーロン・テイラー・ジョンソンさんの起用を考えていた事を監督が明かす

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」のマット・シャックマン監督が海外メディア Comicbook.com …

トビー・マグワイアさんが、映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」出演にあたっての想いを語る

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」に出演するトビー・マグワイアさんが、海外メディア …

映画「マダム・ウェブ」の新たなリーク写真で謎の主人公の職業が判明

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズが制作するSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「マダム・ウェブ」の撮影現場から、主演のダコタ・ジョンソンさ …

エミネムさんが映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の楽曲を示唆

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 2021年10月1日の米公開を控えるSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の楽曲を担 …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。