まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

第29回放送映画批評家協会賞で「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」が最優秀アニメーション作品賞を受賞

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

2024年1月14日(現地時間)にカリフォルニア州サンタモニカのバーカー・ハンガーで開催されたクリティクス・チョイス・アワード(放送映画批評家協会賞) / Critics Choice Awards. の授賞式で、ソニー・ピクチャーズの映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」がアニメ部門の最優秀アニメーション作品賞を受賞しました。

sponsored link
 

先週、ゴールデングローブ賞を受賞した宮崎駿監督の「君たちはどう生きるか」を抑えての受賞となり、その他、ピクサーの「エレメンタル」(邦題:マイエレメント)、ディズニーの「ウィッシュ」、Netflixの「ニモーナ」、パラマウントの「ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ:ミュータント・メイヘム」(邦題:ミュータントタートルズ:ミュータント・パニック!)などがノミネートされていました。

また、「アクロス・ザ・スパイダーバース」は最優秀作曲賞と最優秀視覚効果賞にも、唯一のアニメーション映画としてノミネートされていましたが、こちらは惜しくも受賞を逃しました。

2019年の「スパイダーバース」はアカデミー賞やゴールデングローブ賞など多数の賞を受賞し、続編となる「アクロス・ザ・スパイダーバース」も同様に期待されていました。Rotten Tomatoes では 94% のオーディエンス支持を受ける高評価となっており、現在はこれに続く3作目の映画「ビヨンド・ザ・スパイダーバース」が開発中となっています。

しかし、もともと「アクロス・ザ・スパイダーバース パート2」として開発されていた「ビヨンド・ザ・スパイダーバース」はパート1から1年を待たずしての公開予定だったところから公開未定へと変更され、現在、正式な公開日については不明です。

先日は出演俳優が収録が始まっていないとも報告していました。

sponsored link
 

-映画
-

執筆者:

関連記事

ストライキの影響で映画「デッドプール3」がリリース予定から削除、「ザ・マーベルズ」は変更なし

ディズニーが昨今のWGA(脚本家組合)とSAG(俳優組合)のストライキの影響を受けて、2023年9月から2024年6月までの同社の劇場公開予定をアップデートした事を各種海外メディアが伝えています。それ …

デアデビル役チャーリー・コックスさんが撮影のためにイベント参加を急遽欠席し、憶測を呼ぶ

Netflixのマーベルドラマ「デアデビル」で主人公デアデビル/マット・マードックを演じていた俳優のチャーリー・コックスさんが、2021年7月30日(現地時間)から開催予定のイベント Celebrit …

映画「ザ・マーベルズ」、監督が他のMCU作品とはかなり毛色が違う事を示唆

マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ザ・マーベルズ」のニア・ダコスタ監督が、海外メディア Total Film Magazine とのインタビューの中で、 …

映画「ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー」の撮影開始 ─ 誇れる作品に

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のブラックパンサーシリーズの最新映画「ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー」の撮影が始まったと、海外メディア Variety が報じました。撮影はアメ …

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」のフィギュアよりアイアンハートのアップグレードアーマーの外観が明らかに

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」に登場するアイアンハートの新たなアーマー姿がフィギュアの新商品より明らかになりまし …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。