まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「モービウス」、アドリア・アルホナさんはキャラクターの今後が楽しみだと言う

投稿日:

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「モービウス」でモービウスの同僚マルティーヌ・バンクロフト博士を演じたアドリア・アルホナさんが、海外メディア The Hollywood Reporter とのインタビューで、今後の博士が楽しみだと言及しました。

※これより先は「モービウス」のネタバレを含んでいます。ご覧の際はご注意ください。

sponsored link
 

アルホナさんは「脚本の最後で彼女の全てが変わるからとても興奮したわ。彼女の未来にはたくさんの疑問符がついているので、マルティーヌがどこに行くのか楽しみです。彼女が変身したことで、善と悪のどちらに向かっていくのか知りたいです。それとも、その中間を見つけるのは難しいのでしょうか?彼女はどうなるのでしょうか?ただただ興味津々です。ファンの皆さんと同じように、私も気になっています。」と述べました。

そして、「というか、コミックを読んでいたので、何かあるんだろうなと想像していました。最初は脚本を送ってもらえなかったんですが、ちゃんと調べましたよ。『あ、この人、転化するんだわ』って。『マルティーヌ・バンクロフトが変身するんだ』と。そして、エージェントに電話して、「なんてこと、彼女はこの作品と2作目に出演するかもしれない」と言ったのを覚えています、それはさらにエキサイティングでした。」と語りました。

コミックのマルティーヌ・バンクロフトは今回の映画と同様に吸血鬼へと転化します。その後は一旦治療されるも、モービウスと永遠を過ごしたいと考えた結果、真の吸血鬼へと変貌し、モービウスをも同様にグレードアップしようとした事で拒否され対立、戦闘となり、死亡してしまいました。

SSUではヴェノムとシーヴェノムが主人公、ヒロインが同じ力を振るうカップルとして描かれているため、モービウスとバンクロフトが共闘する事は同じパターンとなってしまい新鮮味を失う事になります。かといって敵対はコミックのトレースになるだけですから、アルホナさんが指摘するような中間地点はいい着地点になるのかもしれません。

一方で今後バルチャーとモービウスのコンビがSSUではなくMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)への移動を目指すのであれば、バンクロフト再登場の余地が失われる可能性も考えられそうです。

ソニーが「モービウス2」についてどこまでの構想を持っているかは不明ですが、今後の公開が予定されている「クレイヴン・ザ・ハンター」や「マダムウェブ」等で徐々に明かされていくかもしれません。

映画「モービウス」は劇場公開中です。

ソース:‘Morbius’ Star Adria Arjona on Ryan Reynolds’ Casting Assist, That Ending and ‘Andor’

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

サム・ライミ監督の「スパイダーマン2」、ドラフト脚本がオンライン公開 ─ 当初のタイトルは「アメイジングスパイダーマン」

「ミッション・インポッシブル」(1996年)や「スパイダーマン」(2002年)の脚本をてがけたデヴィッド・コープ氏が、自身のサイトで映画「スパイダーマン2」のドラフト脚本の全編を公開しました。 spo …

映画「マイティ・ソー/バトルロイヤル」より、ソーの未使用アートが公開

2017年に公開されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「マイティ・ソー/バトルロイヤル」の主人公ソーの未使用に終わったコンセプトアートが公開されました。 アートはマーベル・スタジオ …

日本のディズニープラスで「Marvel Studios Assembled: The Making of Blackwidow 」が配信中

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」の舞台裏を描いたドキュメンタリー番組「マーベル・スタジオ・アッセンブル ブラックウィドウの裏側」が日本国 …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」新予告でイルミナティを正式に紹介

来週公開のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の新たな予告が公開され、イルミナティが正式に紹介されました。以前に海外誌でイルミナ …

映画「ヴェノム2」はラブストーリーであり、カーネイジは究極の敵だと監督、プロデューサーが語る

ソニー・ピクチャーズが制作するSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」のアンディ・サーキス監督が、今作のエディとヴェノムの関係を「ラブストーリー …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。