まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「スパイダーマン:ビヨンド・ザ・スパイダーバース」で描くものとは?プロデューサーがコメント

投稿日:

ソニー・ピクチャーズ制作の最新アニメ映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」が米国で劇場公開され、早くも大反響を呼んでいます。海外メディア Comicbook.com とのインタビューに応じた本作のプロデューサーのピーター・ラムジーさんは、スパイダーバース3作目についてファンが何に期待すべきかコメントしました。

sponsored link
 

もともとはパート1とパート2の前後編として計画されていた「アクロス・ザ・スパイダーバース」はパート2を「ビヨンド・ザ・スパイダーバース」へと改題し、2024年公開を目指して制作されています。

ラムジーさんはスパイダーバース3作目となる「ビヨンド・ザ・スパイダーバース」について、「これらの映画から学んだことが一つあるとすれば、それは本当に限界がないということです。それは想像力の産物であり、想像力を発揮する人が何百人もいれば、それを止めることはできません。」と世界のさらなる拡張を示唆しました。

また、Colliderとのインタビューで、「アクロス・ザ・スパイダーバース」のエグゼクティブプロデューサーであるクリス・ミラー氏は、さらにいくつかの実写部分が可能である可能性があることを微妙にほのめかしました。

「アクロス・ザ・スパイダーバース」が特別なのは、ユニークなスタイルで世界を表現できるという事実であり、すべての世界が異なるアーティストの手やアニメーションのスタイル、そしてそれに関するすべてのように見えるという事実です。それぞれの世界に合わせてユニークでオーダーメイドなので、何でもありです。しかし、映画が実写だったら、そのすべてを活用することはできませんでした。とはいえ、マルチバースではあらゆることが可能なのです。

さらに、タイトルの「ビヨンド」の部分が映画の実写化に言及しているのではないかと尋ねられたとき、ミラー氏は次のように回答しています。

そうです。それは多くのことを意味しますが、それはまた、私たちが既知のスパイダーバースの一種の地図表現を見ることを意味します。そして、その人生と運命の網の外に存在できるものもあると言う事です。

「アクロス・ザ・スパイダーバース」に実写パートがある事はソニーから予告されていましたが、「ビヨンド・ザ・スパイダーバース」にはより多くの実写パートが含まれる事になるのでしょうか。

「アクロス・ザ・スパイダーバース」の制作陣はみな、本作がスター・ウォーズの「帝国の逆襲」に似ていると述べています。これは「アクロス・ザ・スパイダーバース」がら前後編で計画されていた部分の前半部分であり、後半部分の「ビヨンド・ザ・スパイダーバース」を見るまでは解決されない問題をしばらくの間抱えることになる事も意味しています。

「ビヨンド・ザ・スパイダーバース」はどのような革新をファンにもたらす事になるのでしょうか。

アニメ映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」は 2023年6月2日 より米国公開中、日本は 2023年6月16日 公開予定、「ビヨンド・ザ・スパイダーバース」は 2024年3月29日 に米国公開予定です。

ソース:Spider-Man: Beyond the Spider-Verse Teased by Producer, “Sky is the Limit”

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「マーベルズ」のメインテーマ曲が公開

マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「マーベルズ」のメインテーマ曲となる楽曲「Higher, Further, Faster, Together」が BBC …

「ガーディアン・オブ・ギャラクシー」のジェームズ・ガン監督がウルトラマン55周年をお祝い

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアン・オブ・ギャラクシー」シリーズのジェームズ・ガン監督がウルトラマンの55周年をお祝いし、Twitterにウルトラマンとの記念撮影写真を …

アレクセイ「アベンジャーズを連れて来るべきだった」 ─ 映画「ブラックウィドウ」の新スポット”Got This”が公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」の新たな動画「Got This」が公開されました。いくつかの新しいカットも取り入れらたこの動画では、レッド・ガーディアン/アレク …

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」は光の点滅シーンにご注意

ウォルト・ディズニー・ジャパンは日本のマーベル公式ウェブサイトを通じて、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Volume 3」を鑑賞するにあたって …

映画「ソー:ラブ&サンダー」はソーとジェーンのラブストリーを描くものではない?監督がコメント

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」のタイカ・ワイティティ監督が、海外誌 Empire とのインタビューに応じ、本作で久々の登場となるナタリー・ポートマンさんが …

ロキ シーズン2関連記事

 ロキ シーズン2関連記事

ロキ シーズン2の関連記事一覧はこちら

シークレット・インベージョン関連記事

 シークレット・インベージョン関連記事

シークレット・インベージョンの関連記事一覧はこちら

シーハルク関連記事

◆2023年11月10日「ザ・マーベルズ」
◆2024年2月14日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)
◆2024年5月3日「デッドプール3」(日本未定)
◆2024年7月12日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2024年7月26日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年12月20日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。