まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」の監督がエンディングを軽くネタバレしてしまう

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

ソニー・ピクチャーズのCGアニメ映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」の共同監督を務めたケンプ・パワーズさんが、海外メディア SFX Magazine とのインタビュー(GamesRadar経由)で、本作のエンディングに関するネタバレを明かしました。

※これより先は「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」のネタバレを含んでいます。ご覧の際はご注意ください。

sponsored link
 

パワーズ監督は本作のラストが「クリフハンガーで終わる」と断言し、「満足の行く予告編」になっている事をインタビューで明かしています。

「アクロス・ザ・スパイダーバース」は、それだけで1本の映画になっていますが、間違いなくちょっとしたクリフハンガーで終わります。良いクリフハンガーだと思います。3作目で何が出てくるのか、満足のいく予告になっている事を期待しています。

そして、プロジェクト発表当初、「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース(パート2)」と呼称され、後に「スパイダーマン:ビヨンド・ザ・スパイダーバース」に改題された3作目の存在について次のように述べています。

そして、これが3部作のうちの2部作であることが分かっていたことも助けになりました。その3つ目のストーリーが保証されていることがすでに分かっているので、少し違った形で取り組むことができたんです。とはいえ、この映画には重要なキャラクターがたくさん登場しますし、この映画には、完成させる必要のある独自のアークを描く物語があります。

さらにパワーズ監督は「『帝国の逆襲』(スター・ウォーズ EP5)の後、私はとても満足しました。そして願わくば、これが私達の『帝国』であってほしいです。」とコメントしています。

「アクロス・ザ・スパイダーバース」をスター・ウォーズに例えたのはパワーズ監督が初めてではありません。脚本家兼プロデューサーであるクリストファー・ミラーさんは、Empire とのインタビューで、「この映画を見た人たちがスパイダーバース・フランチャイズの『帝国の逆襲』のように感じると言ってくれています。見たことのない世界を見せてくれるし、3作目を見る必要がある所で終わるエモーショナルなストーリーです。そう、これが僕らの『帝国』なんです」と明かしています。

もともとパート1、パート2として発表されていたプロジェクトである事に起因しているのか、クリエイター達は口を揃って「続きがあること」、つまり本作だけでは完結しない事を強調しています。

これはマーベル・スタジオによるMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」と「アベンジャーズ/エンドゲーム」の時も同様でしたし、「アクロス・ザ・スパイダーバース」のリードアニメーターは2分割する前の「アクロス・ザ・スパイダーバース」が「エンドゲーム」のようだったとも例えています

今回「帝国の逆襲」に例えられた本作はどのような物語を紡いでいく事になるのでしょうか。

アニメ映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」は 2023年6月2日 米国公開予定、日本は2023年6月16日 公開予定です。

ソース:Across the Spider-Verse will have a cliffhanger ending: “This is our Empire Strikes Back”

-映画
-

執筆者:

関連記事

ドラマ「シークレット・インベージョン」、マーティン・フリーマンさんはずっとロスを演じていたと信じている

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シークレット・インベージョン」に出演したマーティン・フリーマン …

【ネタバレ注意】映画「モービウス」のポストクレジットシーンの内容がリークされる

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ※これより先は「モービウス」のネタバレを含んでいる可能性があります。ご覧の際はご注意ください。 来週公開予定のソニー・ピクチャーズの映画「モー …

【噂話】エリオット・ペイジさんがスタジオとMCUの役割について話し合い中と報じられる

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 12月8日にトランスジェンダーである事をカミングアウトしたエリオット・ペイジ(旧名:エレン・ペイジ)さんが、今後のMCU(マーベル・シネマティ …

「デッドプール」ヴァネッサ役モリーナ・バッカリンさんが「アベンジャーズ」マリア・ヒル役のオーディションを受けた時の事を語る

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 FOXのマーベル映画「デッドプール」で主人公のウェイド・ウィルソンの恋人ヴァネッサを演じたモリーナ・バッカリンさんが、The Happy Sa …

米ソニー・ピクチャーズから映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の新ポスターが公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の新たなポスターが米ソニー・ピクチャーズより公開さ …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール3」(日本未定)
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年11月8日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。