まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」の海外レビューが公開

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

ソニー・ピクチャーズ制作のアニメ映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」が海外批評家向けに上映され、レビュアーたちは各々の感想をSNSを通じてシェアしています。

※これより先は「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」のネタバレを含んでいる可能性があります。ご覧の際はご注意ください。

sponsored link
 

◆ComicBook.com のアーロン・ペリン

「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」は、考えられるあらゆる方法で誇大宣伝に応えています! マイルズ・モラレスは、マーベル映画の冒険2作目で間違いなく輝きを放っています。グウェン・ステイシーもこのテーブルの先頭に立っています。たくさんのハートが詰まっています。

◆ComicBook.com のブランドン・デイヴィス

「アクロス・ザ・スパイダーバース」はただただ信じられないほどの成果だ。驚くべきものだが、最後までに未完成の物語でもある。ビジュアル的にも非常に素晴らしい成果だ。スパイダーマンのファンが求めるすべてが揃っているし、それ以上のものだ。とても良い作品で、このような作品が存在することが信じられません。

「スパイダーバース」映画が多世界のストーリーテリングで視覚的にもテーマ的にも取り組んでいることは、他のスーパーヒーロー映画の試みを圧倒しており、「フラッシュ」はそれに最も近い2位だが、それでも及ばないでしょう。

◆The Hollywood Reporter ブライアン・デイヴィッド

「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」は、ミラープロデュースの世界にとってまたしても大きな勝利です。ヘイリー・スタインフェルドはグウェン・ステイシー役で本領を発揮しており、シェイ・ウィガム演じるキャプテン・ステイシーとのシーンは本当に特別です。よりダークです。予想していたより悲しいですが、必要なことです。

◆Yahoo Entertainment のケビン・ポロウィ

「アクロス・ザ・スパイダーバース」は、「イントゥ・ザ・スパイダーバース」(前作)と同等かそれ以上に素晴らしい作品だ。本当にどうやって作ったのか分かりません。

◆ScreenRant の ジョー・デッケルマイヤー

誇大宣伝は本物です!「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」のすべてのフレームは素晴らしいです。何も見逃したくなかったので、瞬きしたくありませんでした。この映画は何度でも見ることができ、発見、何か新しい楽しみがあります。この映画には、私が本当に期待していなかった予想外の驚きがいくつかあります。

◆DiscussingFilm のアンドリュー・サラザール

「アクロス・ザ・スパイダーバース」は、アニメーションの新たなマイルストーンです。確かに、ゴージャスでビジュアル的には衝撃的ですが、この続編は、常にマイルズとその家族を最前線と中心に据えているという点で、前作を上回っています。スパイダーグウェンも正当に、スパイダーバースの世界に深く足を踏み入れています。スポットライトを浴び、映画の共同主人公となりました。

これは、映画、ゲーム、コミックなどが好きかどうかに関係なく、世界中のスパイダーマンファンにとって大規模なお祝いのように感じます。しかし、繰り返しになりますが、すべてのカメオ出演と多元世界の要素は、マイルズとグウェンの両方の物語の次にあります。2023年最高のコミック映画になるでしょう。

◆Fandom のエリック・ゴールドマン

「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」が素晴らしいと言えるのがとてもうれしいです! 心の底から伝わるキャラクターのビートと、たくさんの楽しいイースターエッグが詰め込まれたクレイジーな多世界コンテンツを巧みに組み合わせています。グウェンの物語がどのように拡張されていくのかが気に入りました。できます。三作目が待ちきれません。

◆Collider のスティーヴン・ウェイントラウブ

「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」が本当に大好きでした。素晴らしい芸術性を確認するために、何百回も一時停止を押したかった。すでにもう一度見るのを楽しみにしています。次回は IMAX で見ようと思います。

◆The Wrap のドリュー・テイラー

「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」は驚くべき作品です。確かに、広大で表現豊かな新しい領域を備えた視覚的にはまばゆいばかりです(グウェンの世界が私のお気に入り)。しかし、この映画の本当のスーパーパワーはその感情の深さとその美しさ。メランコリックなトーン。私はこの映画がとても大好きです。

◆CinemaBlend のショーン・オコネル

わかりました。「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」はマスターピースの一歩上にあります。これは本物の芸術作品です。どのフレームも美術館に飾られるに値します。スパイダーマンの伝説へのジョークとうなずきは完璧です。素晴らしいです。最高のスパイダーマン映画。これまでで一番好きな映画かもしれない。大切にしてほしい。

◆Comic Book Resources のアシュリー・ソーンダース氏

「アクロス・ザ・スパイダーバース」はすべてが素晴らしい!アニメーションは次世代のレベルで、どのスパイディも完璧で、サプライズはめちゃくちゃ壮大で、音楽も最高。このライドはワイルドで、座席の先頭に座ることになるでしょう。スパイダーバースに戻るのはとても気持ちいいよ!


公式あらすじは以下の通りです。

救うのは、愛する人か、世界か” かつてのスパイダーマンたちが受け入れてきた哀しき定め。 今初めて、その<運命>に抗うひとりのスパイダーマンが現れる。 それは史上かつてない、スパイダーマン同士の戦いの始まりだった!

アニメ映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」は 2023年6月2日 米国公開予定、日本は2023年6月16日 公開予定です。

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「マダム・ウェブ」監督インタビューでアダム・スコットさんとエマ・ロバーツさんのキャラが判明

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「マダム・ウェブ」のS.J.クラークソン監督が Youtube …

映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」のホラー要素について脚本家がコメント

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」の脚本を担当するマイケル …

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」のファーストトレーラーが公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」のファーストトレーラ …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」、彫刻家がワンダゴアの舞台裏を公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の制作に参 …

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が来月のコミコンで大きな発表を用意していると言う

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長がMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」のワールドワイド・バー …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール3」(日本未定)
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年11月8日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。