まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダース」プロデューサーがマイルズとグウェンの関係に言及

投稿日:

ソニー・ピクチャーズ制作のアニメ映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダース」のプロデューサーを務めるクリストファー・ミラーさんとフィル・ロードさんが海外メディア Empire のインタビューで、本作では「マイルズが人生のさまざまな段階を経て、青春の旅を続ける姿を描く」と説明しました。

sponsored link
 

映画の中で「主人公マイルズはどのような状況にあるのか」と質問されたミラーさんは「マイルズは人生の中で様々な段階を経ています。今は自信を持ち、でも自分の居場所を見つけ始めていて、次のチャレンジへの準備もできている感じです。彼は巣立ちを望んでいます。自分が何者なのか、自分の人生の中で誰が重要なのか、何が大切なのかを考えなければなりません。ティーンエイジャーは、自分自身に問いかける大きな質問をたくさんしていますが、この作品は、それを多次元的で大きなスーパーヒーローのスケールで演じています。」と説明しました。

次に「スパイダーグウェン(ゴーストスパイダー)も自分の旅に出るんですか?」と質問されると、ミラーさんは「そうです。この映画はグウェンの世界で始まり、彼女はいろいろな経験を積んでいきます。」と述べ、ロードさんは 「彼女とマイルズのロマンチックな可能性と、友情を保ち、それを危険にさらしたくないという気持ちの間に緊張感があります。それは2人のキャラクターにとって本当に興味深いところです。特に若いうちはね。」と二人の関係を示唆しました。

今作でもティーンらしい恋にまつわるエピソードも含まれているようで、マイルズとグウェンの関係以外にも様々な人間関係が描かれると見られています。そういった中で新たなヴィランであるスポットがどのように関わってくるのかは、劇場公開されてからのお楽しみのようです。

フィル・ロード&クリス・ミラーの両氏は本作において「240のキャラクターと6つのユニバースが描かれる」とし「1000人体制で制作されている」と以前に説明しており、極めて豊富なキャラクターの登場が予告されています。

アニメ映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」は 2023年6月2日 米国公開予定、日本は2023年予定です。

ソース:Spider-Verse 2 Producer Teases Romantic Tension In Sequel

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「ソー:ラブ&サンダー」、レッドカーペットライブが6月24日午前9時45分より配信決定

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」のレッドカーペットライブが日本時間の2022年6月24日午前9時45分から配信される事が発表されまし …

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」の新たなトレーラー”Rise Up”が公開

マーベル・スタジオ制作の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」から新たなトレーラー「Rise Up」が公開されました。MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)初のアジア人主人公となる今作では …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」でアメリカチャベスの登場が計画されていた?

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」より、Maciej Kuciara さんによって描かれたコンセプトアートが公開されましたが、投稿後すぐに削除 …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」よりハッピーのコンセプトアートが公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」より、Maciej Kuciara さんによって描かれたハッピー・ホーガンのアパートが公開されました。このア …

映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の米公開日が2週間繰り上げて10月1日に

ソニー・ピクチャーズが制作するSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」は新型コロナウイルスの影響による映画業界全体の停滞の影響で、これまでに何度 …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。