まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」はラブストーリーになるとプロデューサーが明かす

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

ソニー・ピクチャーズが制作中の大人向けアニメ映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」のプロデューサーを務めるエイミー・パスカル氏が、海外メディア Empire Magazine とのインタビューの中で、本作がマイルズ・モラレスとグウェン・ステイシーのラブストーリーになると語りました。

sponsored link
 

パスカル氏は「この映画はマイルズとグウェンのラブストーリーなんです。」と二人の恋愛関係を描いている事を明らかにしました。

この二人の関係について、ケンプ・パワーズ共同監督は「そこには嫉妬なんかもあります。マイルズがグウェンと再会する時、彼女はバレエシューズではなく、スパイダーパンクからもらったコンバースのチャックテイラーを履いているんです。その時マイルズは『この2人はどれくらい親しいんだろう?』と思い始めるんです。」と付け加えました。

脚本・プロデューサーのクリストファー・ミラー氏は、本作で行っていることを、2023年のアカデミー賞で作品賞を含む7部門を受賞したばかりの2022年のヒット作「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」と比較して次のように述べています。

「私たちの映画では、ダニエルズ(ダニエル・クワン監督とダニエル・シャイナート監督)が『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』でやったことに似ています。スペクタクルやアクション、ビジュアルの狂気はあってもいいけど、心で感じるエモーショナルな旅にフォーカスしている必要がありました。『エブリシング・スパイダーマン・エブリウェア・オール・アット・ワンス』みたいな?Raccacoonieとキングピンのクロスオーバーをもたらしましょう。」

本作はもちろんヒーロー映画であり、無数のマルチバースにおける無数のスパイダーマンが登場する事が予告動画にて公開されています。その一方で、主人公マイルズ・モラレスとグウェン・ステイシーの関係に焦点をあて、そのマイルズのちょっとした恋のライバルとしてスパイダーパンクが関与してくる事が今回のインタビューにて明かされました。

シニアキャラクターアニメーターを務めるエレ・サントスさんは以前に別のインタビューで「アクロス・ザ・スパイダーバースはもともとアベンジャーズ/エンドゲームのようだった」と明かしていますが、計画が変更され、さらに巨大な作品になったとも話していました。

sponsored link
 

アニメ映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」は 2023年6月2日 米国公開予定、日本は2023年予定です。

ソース:Spider-Man: Across The Spider-Verse ‘Is A Love Story Between Miles And Gwen’, Says Amy Pascal – Exclusive Image

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「マダム・ウェブ」はコミックよりも前の話を描くという

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「マダム・ウェブ」のプロデューサーを務めるロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラさんが、海外メディア Comicbook.co …

映画「ソー:ラブ&サンダー」で新たな雷神となるナタリー・ポートマンさんの身体がすごいことに

現在撮影が進められているMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」でシリーズから再登場するジェーン・フォスターを演じるナタリー・ポートマンさんが撮影現場で目撃 …

映画「モービウス」の世界は消えてなくなる?

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「モービウス」のユニバースが消滅の危機に見舞われていると話題になっています。ソニーは「モービウス」の後にも「ヴェノム3」や …

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」、クリス・プラットさんが今後について言及

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Volume 3」でスターロード/ピーター・クイルを演じるクリス・プラットさんが、海外 …

Netflix「デアデビル」カレン役がデッドプールの画像公開で一騒ぎ

Netflixのマーベルドラマ「デアデビル」でカレン・ペイジを演じたデボラ・アン・ウォールさんが、11月23日の感謝祭を祝して Instagram を更新、その際にデッドプールの画像を用いたことでウォ …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。