まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

アニメ映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」にダニエル・カルーヤさんがキャスティング

投稿日:

ソニー・ピクチャーズが制作するアニメ映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」に映画「ブラックパンサー」(2018年)のダニエル・カルーヤさんが声優起用されたと、海外メディア The Hollywood Reporter が報じました。「ブラックパンサー」では主人公ティ・チャラの親友ウカビを演じていましたが、スパイダーバースではまったく別のキャラクターになると言います。

sponsored link
 

記事によると、ダニエル・カルーヤさんは「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」でスパイダーパンク/ホバート・”ホビー”・ブラウンの声を担当するとの事。コミックのスパイダーパンクはホームレスの10代の若者であり、彼のユニバースで抑圧されたニューヨーク市民のヒーローになります。 なお、過去のおもちゃリークによると、スパイダーパンクはアメリカ人からイギリス人へと変更されているため、彼が本作においてもニューヨークで愛されているかどうかは不明です。

ダニエル・カルーヤさんはMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でウカビを演じていましたが、続編となる「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」にはスケジュールの競合により出演できなかったと明かしています。

「ワカンダフォーエバー」のライアン・クーグラー監督のインタビューによると、ウカビはまだワカンダにいるとの事で、「ワカンダフォーエバー」で彼についての言及もあるそう。ブラックパンサー3作目やスピンオフドラマで再登場する可能性はのこされているようです。

「アクロス・ザ・スパイダーバース」の制作に携わるフィル・ロード&クリス・ミラー氏は本作において「240キャラクターと6つのユニバースが描かれる」とし「1000人体制で制作されている」と説明しており、極めて豊富なキャラクターの登場が予告されています。

アニメ映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」は 2023年6月2日 米国公開予定、日本は2023年予定です。

ソース:‘Spider-Man: Across the Spider-Verse’ Adds Daniel Kaluuya as Spider-Punk

-映画
-,

執筆者:

関連記事

映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」アンディ・サーキス監督が映画が90分である事の理由を説明

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」のアンディ・サーキス監督が、海外メディア IGN とのQ&Aセッション …

【噂話】映画「デッドプール3」のキャスティングコールよりヴィランのヒントが判明

マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「デッドプール3」のキャスティングコールが報じられ、ライアン・レイノルズさん演じる主人公デッドプールとヒュー・ジャックマ …

映画「エターナルズ」トレーラーに登場するヴィランとキャップの盾

昨夜公開されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」のトレーラーには敵対するディヴィアンツのリーダー、クロのような姿と、そしてキャプテン・アメリカの盾のようなものが含まれ …

MCU版「スパイダーマン4」は既に開発中であるという

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長とソニーのエイミー・パスカルプロデューサーが、海外メディア ニューヨーク・タイムズ のインタビューの中で、MCUの4作目となる単独スパイダーマン映画の開発に既 …

映画「ブラックウィドウ」、興行成績が2週目で大幅下落、全米劇場所有者協会は非難声明を発表

先週公開されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」の興行成績が大幅下落した事が各種海外メディアにより報じられています。先週、オープニング週末興行収入で全世界で2億1 …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。