まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

ソニー・ピクチャーズはまだ「シニスター・シックス」の計画を維持していると報じられる

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

ソニー・ピクチャーズは打倒スパイダーマンを掲げる6人からなるヴィランチーム「シニスター・シックス」の実写化計画を維持していると海外メディア Deadline が報じました。1964年のコミックでデビューしたシニスター・シックスはドクター・オクトパス、ミステリオ、エレクトロ、クレイブン・ザ・ハンター、サンドマン、ヴァルチャーの6人で構成されていました。

sponsored link
 

Deadline’s Hero Nation Podcast の中で、記者のアンソニー・ダレッサンドロ氏は以下のように述べています。

ソニーはこれまで、ディズニーMCUで展開しているスパイダーマン以外のマーベル作品は、常に別個のものとして扱ってきました。これは非常に興味深いことです。彼らの長期的な目標のひとつに、「シニスター・シックス」を作る事があります。スパイダーマンの世界に出てくる悪者チームを彼らが再現するという、我々が待ち望んでいるプロジェクトです。

シニスター・シックスの実写化計画は2014年公開の映画「アメイジング・スパイダーマン2」でも示唆されていましたが、3作目がキャンセルされた事で日の目を見る事はありませんでした。

シニスター・シックスにはいくつかのバージョンがありメンバーが異なりますが、初代の6人のうち、ミステリオとヴァルチャーはMCUでデビューしており、ドクター・オクトパスは映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の予告にはっきりと登場しているほか、エレクトロとサンドマンも同予告でほのめかされています。そしてクレイヴン・ザ・ハンターはアーロン・テイラー・ジョンソンさん主演での制作が報じられています。

シニスター・シックスの計画が実現するとなれば、先日ソニーが改めて名称を発表したSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の一つとして制作される事が予想されます。その場合、スパイダーマン一人でシニスター・シックス全員と戦うのはやはり分が悪く、SSUの一部であり公開を控えているヴェノムやモービウス、そして制作が報じられているスパイダーウーマンやシルクなど味方になるキャラクターについても注目が集まりそうです。

そんなシニスター・シックスのメンバーの何人かが登場する「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は 2021年12月17日 に米国公開され、ここから新たな計画が大きく動き出すものと見られています。

ソース:Spider-Man: Sony Reportedly Still Has Major Plans for Sinister Six Movie

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

ディズニーCEOは映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」はストーリーテリングの限界を超えるという

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 先日開催されたウォルト・ディズニーの年次株主総会にてCEOのボブ・チャペック氏はマーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニ …

ソニーが開発中のマーベル作品11のリスト

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズが開発中の「スパイダーマン」を代表とするマーベル作品をリストアップしました。2023年6月16日時点で判明している劇場公開 …

Youtubeのスパイダーマン公式チャンネルにて「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」デジタルリリースに向けたプロモ動画が公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 サム・ライミ監督の映画「スパイダーマン」公開20周年と、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホ …

【噂話】女性チーム「ドーターズ・オブ・リバティ」の実写化計画が進行中か

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)にマーベルコミックの女性チーム「ドーターズ・オブ・リバティ」(自由の …

映画「エターナルズ」、デイン役キット・ハリントンさんと監督がポストクレジットシーンについて語る

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」にデイン・ウィットマン役で出演したキット・ハリント …

PREV
【噂話】MCU版「ミズ・マーベル」はコミックと異なる能力になる?
NEXT
ダン・スティーヴンスさん、映画「エターナルズ」での役割についてコメント

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(日本未定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。