まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の予告はもうすぐ?─リーク動画とされたものが続々削除される

投稿日:

ソニー・ピクチャーズ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のリークトレーラーなるものがSNS上で拡散されましたが、すぐにソニーが動きを見せ、著作権違反の申立により続々と削除されています。

sponsored link
 

ソニーの対応は素早く、SNSに貼られた動画はすぐに消えるというイタチごっこを繰り返していますが、この事自体が動画が本物であることを証明しているようです。なぜなら以前の日時に公開されているファンメイドのフェイクトレーラーは二次創作の範疇として削除対象にはなっていないからです。

「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の予告は米国時間の8月23日に開催される CinemaCon 2021 で参加者向けに公開されることが噂されていました。会場へのカメラ機器等の持ち込みは固く禁じられていますが、ここからリークが始まるとの予想を裏切り、ひとあし早くオンラインでリークが始まったのが現状です。テキストべースでのリークを封じる事は難しいため、CinemaCon 2021 で実際に予告が公開されたかどうかも程なく判明します。実際に公開された場合は、ほどなくYoutubeなどでもHD画質で一般公開されるはずで、今話題となっている削除対象の動画を見つけることが出来なかった人も悲嘆することはないのかもしれません。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は 2021年12月17日 米国公開予定です。

ソース:Sony Moves Quickly to Block Alleged ‘Spider-Man: No Way Home’ Trailer Leak on Social Media

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」さらに延期、2021年9月24日に公開

つい先日公開延期が発表されたソニー・ピクチャーズの映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」ですが、さらに1週間延期され、2021年9月24日公開となることが多くの海外メディアで報じられました。 …

クリス・プラットさんが映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」の主要撮影の開始を報告

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」でスターロード/ピーター・クイルを演じるクリス・プラットさんが、映画の主要 …

マーベル・スタジオ代表がNetflixのマーベルキャラクターに言及

マーベル・スタジオの代表ケヴィン・ファイギ氏が海外メディアとのインタビューでマーベル・テレビジョンが制作したNetflixドラマのキャラクター達について言及しました。MCU(マーベル・シネマティック・ …

ロバート・ダウニーJr.さんもベネディクト・カンバーバッチさんもヴィラン役で話し合われていた ─ 公式本で明らかに

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の誕生の舞台裏を見ることが出来るマーベル・スタジオ監修の公式ブック「The Story of Marvel Studios: The Making of …

タイカ・ワイティティ監督、映画「ソー ラブ&サンダー」についてファンからの質問に答える ─ バトルロイヤルのウォッチパーティーにて

先日、タイカ・ワイティティ監督がInstagram上で、自身が監督を務めた映画「マイティ・ソー/バトルロイヤル」(原題:Ragnarok)のウォッチパーティーを開催しました。 その中で、次回作「ラブ& …

PREV
映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」から新たな予告「Next Level」が公開
NEXT
映画「エターナルズ」出演のバリー・コーガンさん、暴行事件にあい入院していたと報じられる

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ホークアイ関連記事

What if…?関連記事

ロキ関連記事

◆2021年10月1日「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」(日本2021年12月3日)
◆2021年11月5日「エターナルズ」MCU
◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年1月28日「モービウス」(日本未定)
◆2022年5月6日「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」(日本未定)
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。