まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

「Save The City」を作曲したマーク・シャイマンさんがドラマ「ホークアイ」の曲作りの難しさについて語る

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」の中で描かれた「ロジャース・ザ・ミュージカル」の楽曲「Save The City」を作曲したマーク・シャイマンさんが海外メディア Inverse とのインタビューの中で、今回の仕事の大変さについて語りました。

sponsored link
 

インタビューの中でシャイマンさんは「MCUは好きだけど、ホークアイやミュージカルにほとんど興味がない」人へどのようにアプローチするべきかが難しかったと述べています。

大変だったのは、ホークアイやミュージカルが好きでない人が目を丸くするような曲でなければならないということでした。自分たちの仕事をしっかりこなしたからこそ、大変だったのです。”何これ?”っていう人がたくさんいたって事です。

この楽曲はシーズン1の最終話のポストクレジットシーンにてフルバージョンが流されましたが、一部のファンには受け入れて貰えない事を認めつつ、それを理解しているとも語りました。

ポストクレジットのシーンがMCUの次の展開の新しい核になることを期待し、望んでいた人が大勢いたことは理解しています。私はそれを完全に理解しています。でも、自分たちの仕事をうまくやることで、みんなが好きではないものを作ってしまったというのは、つらいことでした。ほとんどほろ苦いけど、マーベル・シネマティック・ユニバースに参加することはクレイジーなんです。

シャイマンさんはいい曲に仕上がったがゆえに、今後のMCUの展開を見せるポストクレジットシーンを奪ってしまった事をつらく感じた事を明かしました。

また、インタビューでは「ワンダヴィジョン」の「Agatha All Along」のように「Save The City」が2022年のエミー賞の候補になる可能性についても言及され、シャイマンさんは次のように述べました。

そうであってほしいですね!「Agatha All Along」は、少なくともホークアイが目を丸くするようなものを意図的に作るという、僕らのような奇妙な綱渡りはしていないと思います。彼らはただ完璧な1分間の長さを書くことができました。でも、いい仕事ができたと思うし、いずれはノミネートされるかもしれないけど、そんなことは考えちゃいけませんよ。

フェーズ4に入ってからは各キャラクターのテーマ曲以外の曲にも注目される事が増え、マーベル・スタジオの楽曲に対する力の入れ方にも注目が集まっています。

ドラマ「ホークアイ」シーズン1はディズニープラスで全話配信中です。

ソース:‘Rogers: The Musical’ composer reveals a deleted ‘Hawkeye’ scene

-ドラマ
-, , ,

執筆者:

関連記事

イベント「アベンジャーズ展」が2022年に日本上陸、世界23都市で行われた没入型展覧会

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を体感できる没入型展覧会「アベンジャーズ展」(原題:AVENGERS STATION EVOLUTION)が2022年に日本で開催されることが発表さ …

ドラマ「ホークアイ」、監督が「キャプテン・アメリカ」のミュージカルはクリントを困らせるためと明かす

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」で、「キャプテン・アメリカ」のミュージカルが劇中劇として登場することについて、本作のリース・トーマス共同監督 …

ドラマ「ワンダヴィジョン」脚本家が今作のヴィランについて示唆

ディズニープラスで配信中のマーベル・スタジオ制作のドラマ「ワンダヴィジョン」が第4話を終え、予定されている全9話の折り返し地点に差し掛かろうとしています。しかし未だに明確なヴィランが登場せず、視聴者が …

ドラマ「ワンダヴィジョン」のヒット曲「Agatha All Along」の本来のタイトルは違った事が明かされる

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」の第7話「第4の壁を破って」で挿入された「Agatha All Along」が元々は違った曲名だったことをマット・シャックマン …

ドラマ「ロキ」、作曲家が予告にしか存在しなかった幻のシーンの詳細を明かす

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」のシーズン1がフィナーレを迎え、シーズン2の公式発表を歓迎していますが、シーズン1には失われてしまった映像がいくつかありました。「ロキ」の …

ホークアイ関連記事

What if…?関連記事

ロキ関連記事

◆2021年10月1日「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」(日本2021年12月3日)
◆2021年11月5日「エターナルズ」MCU
◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」(日本未定)
◆2022年5月6日「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」(日本未定)
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。