まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ 映画

アニメ「ホワット・イフ」シーズン2のフィナーレが「アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ」の片鱗を見せる

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のアニメ「ホワット・イフ・・・?」シーズン2の最終話「もしも・・・ストレンジ・スプリームが介入したら?」が配信され、マルチバースにおける新たな可能性が示される事となりました。そしてこのエピソードは「アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ」のプレビューとして機能し、壮大な映画になる事を期待させています。

※これより先は「ホワット・イフ・・・?」シーズン2のネタバレを含んでいます。ご覧の際はご注意ください。

sponsored link
 

シーズン中はショート版が採用されていたイントロでしたが最終話ではフルバージョンに戻され、映像も「ホワット・イフ」に準じたアニメバージョンに変更されました。このイントロの最中にはレッドガーディアンの姿もありますが、これはシーズン3へと延期されたエピソードからの引用だと考えられます。

シーズン2の最終話ではシーズン1に登場したストレンジ・スプリームが再登場。彼がエピソードの主人公であるキャプテン・カーターに再会し、シーズン1のラスボスだったインフィニティ・ウルトロンのような存在インフィニティ・キラーたちを捕まえて回っている事が明かされました。

ストレンジから依頼を受けたキャップはカホーリと遭遇。しかしカホーリはストレンジが嘘をついていると指摘。ストレンジはかつて自分が壊してしまった世界を再生させるため、インフィニティ・キラーやそれに対抗しうるヒーローたちを燃料とするべく集めていたのでした。

キャップがストレンジの計画を止めようとする中で、捕らえられていたヒーローやキラーが解放されてしまい、インフィニティ・サンクタムは戦場と化してしまいました。そこでは多数のヒーローとヴィランが入り乱れ、彼らの別のバージョン同士も激突。ソーの変異体同士が戦うシーンなども描かれています。

このパートはコミックの「シークレット・ウォーズ」を想起させるものであり、映画「アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ」がこれを実写化したバージョンになる事を予感させる内容となっていました。

キャップとカホーリがオールファーザーやテン・リングス、インフィニティ・ストーンなどのレリックを用いてストレンジを倒したものの、その過程で多くのキャラクターが生贄となり、ストレンジがいないまま世界の再生は果たされてしまいます。

キャップは自身のユニバースに帰る前に寄り道していくというアイデアを明かし、ウォッチャーは「ロキ」シーズン2で見たユグドラシルを紹介、寄り道出来る無数の世界がある事を示してシーズン2は幕をおろしました。

1984年に出版された「マーベルスーパーヒーローズ シークレット・ウォーズ」では、ビヨンダーが地球のスーパーヒーローの存在と彼らの持つ可能性に心を奪われ、「バトルワールド」を創造し、スーパーヒーローとスーパーヴィランを強制転移させ、勝者の願いを叶えるとして彼らを戦いあわせました。

「シークレット・ウォーズ」はその後2015年にも開催され、この時は地球だけでなく、マルチバース中からヒーローとヴィランが集められ、同じキャラクターの別バージョン同士がチームを組んだり戦い合ったりする様子が描かれました。

こういったプロットの一部が盛り込まれたシーズン2の最終話でしたが、「アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ」ではアニメ版を超えるシーンを見せてくれるのでしょうか。まだしばらくの間、期待しながら待つ他ありません。

アニメ「ホワット・イフ・・・?」はシーズン2までディズニープラスで配信中、映画「アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ」は 2027年5月7日 米国にて劇場公開予定です。

-ドラマ, 映画
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

映画「ファンタスティック・フォー」は2024年春の撮影開始に向けて準備中だと監督が明かす─キャストも決定済みか

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが開発中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ファンタスティック・フォー」のマット・シャックマン監督が、海 …

ドラマ「ワンダヴィジョン」3話のイースターエッグをピックアップ

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 配信が始まったにも関わらず謎が多いMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」は、これまでに公開されてきた映画シ …

ジェンマ・チャンさん、映画「エターナルズ」のセルシの再演を認める

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」でセルシを演じたジェンマ・チャンさんが、海外メディ …

映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の削除された幻の冒頭45分の存在が明らかに─内容や消された理由も

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベルコミックのアーティスト兼作家であり、サノスの生みの親であるジム・スターリンさんが、Youtube番組 Near Mint Condit …

ドラマ「エコー」、デアデビルとの戦闘シーンはもっと長くなる、他のカメオもあると監督が明かす

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「エコー」のシドニー・フリーランド監督が、海外メディア TV I …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール3」(日本未定)
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年11月8日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。