まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

アニメ「What if…」、ダーク・ドクター・ストレンジの起源が判明

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)初のアニメ作品として2021年夏頃に配信予定の「What if…」。本作ではこれまでの映画の中のイベントの「もしも」とその後を描き、いくつかのマルチバースを垣間見る事が出来ます。先週配信が始まったドラマ「ロキ」の2話の影響を囁かれているこの「What if…」に登場するドクター・ストレンジのエピソードのあらすじが判明したと、海外メディア Illuminerdi が報じました。

※これより先はネタバレを含む可能性があります。

sponsored link
 

公開されているトレーラーでは二人のドクター・ストレンジが戦うシーンがありますが、この黒いストレンジについて、「このバージョンのドクター・ストレンジは、真実の愛の死の後に魔法に目覚め、自分の過去を変えようと、暗くて危険な魔法を使って暗い道を歩むようになった。」とのことです。

真実の愛が何を指しているかは明記されていませんが、これまでのMCUのストレンジから推測されるのは元カノのクリスティン・パーマーでしょうか。コミックのストレンジは両親や兄弟姉妹(全て故人)がいて、人間ではない妻もいますが、これらの親しい人を失った時に魔法と出会い、その過去を変えるために行動しているようです。

危険な魔法というとMCUではこれまでに「ドクター・ストレンジ」で登場したダークディメンションを起源とするダークマジックや、「ワンダヴィジョン」で登場したカオスディメンションを起源とするカオスマジックなどが描かれており、過去を変えうるアイテムとしてお馴染みのタイムストーンや、「ワンダヴィジョン」で登場したダークホールドなどが存在します。黒いストレンジはこれらを行使する可能性は大いにありそうです。

対するもうひとりのストレンジがこれまで映画で見てきたドクター・ストレンジと同様なのかは不明ですが、同じような道を歩んできたストレンジならば彼もまた医者としての腕を失い、魔法に目覚めているはず。

二人はどのような理由で出会い、対決する事になるのでしょうか。

アニメ「What if…」は 2021年夏頃 ディズニープラスで配信予定です。

ソース:NEW FASCINATING DETAILS ABOUT THE WHAT IF…? DARK DOCTOR STRANGE EPISODE: EXCLUSIVE

-ドラマ
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「エターナルズ」、脚本家がディズニープラスで前日譚をやりたいと明かす

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」の脚本を担当したライアン・フィルポさんとカズ・フィルポさんが、海外メディア The Hollywood Re …

エヴァン・ピーターズさんがドラマ「ワンダヴィジョン」にキャスティングされていると報告される

日本でも今月からサービス開始されるディズニー+で今冬配信予定のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」に、俳優のエヴァン・ピーターズさんがキャスティングされていると海 …

ヘイリー・スタインフェルドさん「今は音楽に集中しています」 ─ ケイト・ビショップ役の噂は?

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のフェーズ4のドラマ「ホークアイ」にて、コミックスでの2代目ホークアイであるケイト・ビショップ役に、かねてよりヘイリー・スタインフェルドさんの名前が上がっ …

マーベル公式がNetflix版デアデビルがMCUの正史であるような記載をする

米マーベル公式サイトが実写版デアデビルのキャラクターバイオグラフィを更新し、Netflix版のドラマ「デアデビル」の詳細なあらすじの後に、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダ …

【噂話】ドラマ「ホークアイ」で〇〇が新たなローニンに?【ネタバレ注意】

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」で、映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」にてホークアイ/クリント・バートンが暗殺業をしていたときに着用していたローニンのスーツをとあ …

PREV
映画「ブラックウィドウ」の新たなトレーラー”Spy”が公開
NEXT
ドラマ「ロキ」、ミス・ミニッツの声優タラ・ストロングさんが「今後多くが明かされる」と示唆

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。