まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ポール・ベタニーさん、「ワンダヴィジョン」のサプライズゲストについて明かす

投稿日:

今年の1月、ドラマ「ワンダヴィジョン」の配信開始直前のインタビューで、ヴィジョンを演じるポール・ベタニーさんが「ずっと一緒に仕事したいと思っていた俳優と共演できた」と話した事で、世界中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)ファンが誰が登場するのかを予想してきました。そして先日、Good Morning America に出演したベタニーさんはこの時のインタビューについて尋ねられた際、「私だと分かったらがっかりするだろうな」とコメントしました。

sponsored link
 

番組の中でベタニーさんは「ファンがこの発言が誰を指しているか推理し始めて、ベネディクト・カンバーバッチ(ドクター・ストレンジ役)やパトリック・スチュワート(プロフェッサーX役)のような人を推理し始めたので、私は『それはすごくいいアイデアだ』と思っていました。サプライズが私自身だとわかったとき、とてもがっかりするでしょう。」とコメントしました。

つまりベタニーさんが語っていたサプライズ俳優とは彼自身の事であり、ヴィジョンとホワイトヴィジョンの共演の事であったようです。

また、「誰かが大々的に登場することがあるのかどうか」という質問に対して、ベタニーさんは「私は、その質問に答えたいのですが、私のサービスは…」とビデオチャットがフリーズしたフリをして回答を避けました。

数日前に監督がインタビューでサプライズゲストについて尋ねられた時、「彼(ベタニーさん)は自ら墓穴をほってしまった」とコメントしており、どういう意味かわかりませんでしたが、自分自身と共演したことを冗談交じりに言ったことがファンの考察心をくすぐってしまい、大きな事態となってしまった事を意味していたようです。

ベタニーさんの言っていたサプライズがホワイトヴィジョンの事だったのか、はたまた今回のインタビューこそが高度なフェイクなのか、今日夕方配信の最終回にて判明します。

ドラマ「ワンダヴィジョン」最終エピソードは 本日 3月5日 17時 より日本配信開始です。

ソース:WandaVision: Paul Bettany Addresses White Vision as Surprise Cameo Appearance

-ドラマ
-, , ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「ロキ」、脚本家が「エージェント・オブ・シールド」について言及

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」の脚本を務めるマイケル・ウォルドロンさんが、海外メディア Fandom とのインタビューの中で、フィル・コールソンの復活について質問され、 …

ドラマ「ムーンナイト」、5話と6話はコミックファンを「満足させる」という

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ムーンナイト」のエグゼクティブ・プロデューサーを務めるグラント・カーティスさんとジャスティン・ベンソン監督、アーロン・ム …

アニメ「What if…?」、6話のイースターエッグをピックアップ

2021年9月15日配信のアニメ「ホワット・イフ…?」シーズン1エピソード6「もしも…キルモンガーがトニー・スタークを救ったら?」のイースターエッグを中心に原作設定や今後の予想などをご紹介 …

ドラマ「ワンダヴィジョン」よりジミー・ウーのポスターが公開

現在配信中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」より、ジミー・ウー捜査官にスポットを当てたキャラクターポスターが公開されました。ジミーのポスターは2000年代をベ …

ドラマ「ロキ」、デザイナーが1話から気づかれていなかったイースターエッグを明かす ─ ラストシーンについても解説

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」のプロダクション・デザイナーを務めるカスラ・ファラハニさんが、本作の1話からフィナーレまでに散りばめられた、ファンが気づいていなかったイー …

PREV
ディズニープラスのドキュメンタリー「Marvel Studios' Assembled」のポスターが公開
NEXT
MCU版「X-MEN」ついに始動か

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。