まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ソー:ラブ&サンダー」、新映像満載の予告「Team」で「エターナルズ」との関連がほのめかされる

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

7月公開予定のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」より初公開のシーンが満載の新たなトレーラー「Team」が公開されました。80秒のこの予告ではソーとガーディアンズ・オブ・ギャラクシーとのやり取りが見られる他、2021年公開の映画「エターナルズ」との繋がりも示唆されています。

sponsored link
 

予告の12秒あたりでソーがストームブレイカーを突き刺し、船で出発するようなシーンでは二人のセレスティアルズのような姿を確認する事が出来ます。

©MARVEL,Disney

映画「エターナルズ」ではキンゴが「ソーは子供のころ私の追っかけだったが、今や電話をしても無視だ」と話しており、知り合いである事が描かれていました。(「マイティ・ソー/バトルロイヤル」でのドクター・ストレンジとの会話ではソーは電話を持っていないとの事でしたが。)

右側のキャラクターはコミックのアリシェム・ザ・ジャッジにそっくりですが、映画「エターナルズ」に登場したアリシェムとはデザインが異なっており、今回の予告の1秒ほどの映像からはこれ以上の判断は難しくなっています。

彼らが実際にセレスティアルズなのか、それとも別の生命体なのかは今後の情報に注目です。

「ソー:ラブ&サンダー」の公式概要は以下の通りです。

sponsored link
 

アベンジャーズの破天荒なヒーロー、雷神ソーの集大成!
『アベンジャーズ/エンドゲーム』の激闘後、ソーは多くの仲間を失い、戦いを避けるようにガーディアンズ・オブ・ギャラクシーと地球を後にしていた。 自分探し中の彼に、全宇宙の神々滅亡を誓う“神殺し”のゴアが襲いかかる。 絶体絶命のその時、ソー以上の力を持つ新たな“マイティ・ソー”に姿を変えた、元恋人のジェーンが現れた!
2人のソーがシリーズ最大の脅威ゴアに立ち向かう、破壊力2倍のロック・バトル・アドベンチャーがこの夏開幕!

映画「ソー:ラブ&サンダー」は 2022年7月8日 公開予定です。

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の2nd予告は全てフェイク説も浮上

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の第2弾予告が公開され、ネット上では日々考察等が飛び交っています。し …

【噂話】映画「デッドプール3」に新たな再登場X-MEN候補が浮上か

マーベル・スタジオが撮影中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「デッドプール3」に再登場する X-MEN のキャラクターについて、新たな報道がありました。雑誌 Total Film …

映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」、キャシー・ラングはコミックとは異なる?プロデューサーが言及

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」のプロデューサーを務めるマーベル・スタジオのステファン・ブルサードさんが、海外メディア Inverse とのイ …

キアヌ・リーブスさんがMCU参戦の噂について言及

俳優のキアヌ・リーブスさんが海外メディア Esquire の最新エピソード「Explain This」にゲスト出演し、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)への関与の噂について言及しました。番 …

「ブラックウィドウ」の予告編の第2弾が公開! 

MCU25作品目、フェーズ4第1弾の「ブラックウィドウ」の日本語字幕付き予告第2弾が、Youtubeのディズニー・スタジオ公式チャンネルで公開されました。 予告編をごらんください。 美しき暗殺者、ブラ …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。