まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ソー:ラブ&サンダー」、タイカ・ワイティティ監督が「ソー5」の可能性について言及

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」のタイカ・ワイティティ監督が、FandangoのYoutubeチャンネルでのインタビューの中で、本作の魅力や、5作目の可能性について語りました。

sponsored link
 

「ラブ&サンダー」が新たな3部作の始まりか質問されたワイティティ監督は、ジョークを交えながらこれを否定しました。

私はこれを新しい3部作の一部とは考えていません。というのも、映画を作るたびに、「これはもう二度とやらないぞ」と思ってしまうからです。どんな映画でも思うのですが、もう8回も繰り返しています。8回も「もういいや。いい作品に出合えた。」と思いました。でも案の定、ヤンキードルに釣られて戻ってきました。クッキーやオスカーにも釣られました。

そして監督は本作がとても感情的なものになるとも説明しました。

この映画では、愛についてあまり話したくはないのですが、この映画の中でその瞬間について考え続けています。この映画には、とても感動的な瞬間があります。あなたの映画は、人々がこの冒険に流され、脱出し、笑い、楽しむだけでなく、何かを感じるためのものであるかどうか、私はこの映画が非常に感情的でもあると思います。

また、「マイティ・ソー/バトルロイヤル」の監督に起用された時の事を振り返り、シリーズの転換期を迎えた事について次のように語りました。

とても素晴らしいことでした。『ラグナロク』(バトルロイヤル)を引き受けた時、『こいつは誰だ!』という人が何人かいました。『こいつが全てを台無しにするんだ!』って。で、私は『そこがポイントなんだ。私はそれを壊して、新しい方法で作るために来たんだ』ってね。その後、たくさんの愛が生まれ、それは素晴らしいことでしたが、これはコラボレーションであり、共同作業でもあったのです。マーベルは何か違うことをやりたがっていて、だから私を連れて来ました。クリスは違うことをやりたいと言い、私もこれまでと違うことをやりたいと言った。そして、私たちは皆、この映画に何を求めているのか、その欲求を満たそうと考えたんだと思います。

MCUが14年の歴史をもつ現在、単独映画初の4作目を手にした「ソー」のシリーズが今後もつづくかどうかはファンが気になっているところです。

「バトルロイヤル」に起用された時は無名な監督でしたが、MCU以外でもヒット映画を続出し、オスカーも受賞したタイカ・ワイティティ監督に「ソー5」を引き続き撮って欲しいと願うファンは多いかもしれません。しかし、現状では監督は続きを考えてはいないようで、またお金に釣られて戻ってくる事に期待です。

監督が「ソー5」のメガホンを取るかは不明ですが、ソーを演じるクリス・ヘムズワースさんは以前のインタビューにて「ディズニーに呼ばれる限り続けたい」と語っていました。また、MCU映画3本に署名していると報道された事もありました。

「ソー:ラブ&サンダー」の公式概要は以下の通りです。

この夏、マーベルいち”ノープラン”なヒーローが帰ってくる!
『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界―。 アスガルドの王として、そして宇宙を救うヒーローとして、家族や恋人、人類を守るために戦い走り続けてきたソーだが、多くの大切な人を失い、いつしか戦いを恐れるようになっていた。そんな彼が“自分は何者なのか”と我に立ち返り、「ヒーローは卒業だ。」と、ゼロから新たな道を歩むことを決める―。
ハード・ロックスタイルの派手な衣装に身を包み“自分探し”に迷走していたソー。ノープラン&お茶目なソーの、波乱万丈な冒険の予感させるロック・バトル・アドベンチャーが遂に始動!
“愛”と“雷”の力で宇宙を救う!?ノープランな雷神ソーの神バトル開幕!

監督:タイカ・ワイティティ
出演:クリス・ヘムズワース(ソー)、テッサ・トンプソン(ヴァルキリー)他

映画「ソー:ラブ&サンダー」は 2022年7月8日 公開予定です。

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

マーベルの日本公式MCUページの情報で海外が大混乱に

先週、マーベルの日本公式ページの2022年作品リストが海外ファンに発見され、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のディズニープラス作品のスケジュールが日本から公式リークされたと海外で話題にな …

ドラマ「ムーンナイト」、ソーやブラックパンサーとの繋がりが発見される

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ムーンナイト」の1話「もうひとりの自分」より新たなイースターエッグが判明しました。Marvel Thailand Fanpage によると、ソー …

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」はカンフーだけじゃない!魔術師も登場する?

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」の新しいトレーラーが公開され、2分間の映像の中にはこれまでに紹介されていなかったキャラクターがいくらか登場して …

ロバート・ダウニーJrさん、ハロウィンを記念してストレンジのケープ姿を公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でトニー・スターク/アイアンマンを演じてきた俳優のロバート・ダウニーJrさんが、ハロウィンを記念して映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で使用さ …

映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」よりモルテンマンの未使用コンセプトアートが公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)フェーズ3の締めくくりとなった映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」に登場したモルテンマンの未使用コンセプトアートが公開されました。 アーティスト …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。