まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

マッケナ・グレイスさんは映画「ザ・マーベルズ」に出番がなかったと明かす

投稿日:

2019年公開のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・マーベル」で、幼き日のキャロル・ダンヴァースを演じたマッケナ・グレイスさんが、海外メディア Comicbook.com とのインタビューで、2023年公開予定の映画「ザ・マーベルズ」に出演しない事を明らかにしました。

sponsored link
 

来年公開の続編映画で再登場するのかと質問されたマッケナ・グレイスさんは「なんてことなの、そうしたいわ。それはとてもクールなことだと思います。マーベルの映画をやりたいとずっと思っていたの。『キャプテン・マーベル』には出演したけれど、それ以来、私は戻る機会がありません。もし出演できたら、とても光栄に思います。」と回答しました。

7歳で女優業につき、すでに50作品以上に出演し、2021年には歌手デビューも果たしている売れっ子のマッケナ・グレイスさん。「キャプテン・マーベル」撮影時は12歳だったグレイスさんも今や16歳になり、かなり大人っぽく成長しています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mckenna Grace(@mckennagraceful)がシェアした投稿

しかし、女子高生時代のキャロル・ダンヴァースを再演するチャンスがないわけではありません。

例えば1995年のコミック「アイアンマン #319」では、征服者カーンに化けたイモータスに洗脳されたトニー・スタークを倒すために、キャプテン・アメリカたちは若き日のトニー・スタークをタイムトラベルで連れてきて、ヴィランと化したトニーは若いトニーに殺され、そのまま若いトニーが現代のアベンジャーズで活動を続けました。

タイムトラベルやマルチバースをうまく利用すれば、マッケナ・グレイスさんのキャロルがブリー・ラーソンさんのキャロルと交代するエピソードをつくる事は十分可能です。

とはいえ、マーベルにはまだまだ実写化されていない女性キャラクターが十分に残っているため、別のキャラクターとしてMCUにもどってくることにも期待したいところです。

映画「ザ・マーベルズ」は 2023年7月28日 米国公開予定です。

ソース:Captain Marvel Actor Confirms They Aren’t Returning for The Marvels

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のファーストティザーとポスターが公開

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」(原題:ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネ …

「マーベル・スタジオ/ヒーローたちの世界へ」が大阪大丸梅田店で8月10日から期間限定開催 ─ MCUの体感型展覧会

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に登場するヒーローたちを象徴するアイテムが身近に展示され、 その世界観の中で、写真を撮りながら楽しんでいただくことができる体験型のイベント 「 マーベル・ …

映画「ブラックウィドウ」の米国公開が延期に ─ 新しい公開日は未定

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の最新映画「ブラックウィドウ」の米国公開延期を、複数のメディアが報じました。新型コロナウイルスの影響を受けての公開延期と、米ウォルト・ディズニー・カンパニ …

ディズニーが「アイアンマン3」の短編動画を検閲していると報じられる

ディズニーがディズニープラスで配信しているMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アイアンマン3」から派生したショートームービ「マーベル・ワンショット:王は俺だ」のセリフの一部を検閲して …

映画「ブラックウィドウ」の今後についてプロデューサーが語る

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」のプロデューサー、ブライアン・チャペックさんが、海外メディア Entertainment Tonight とのインタビューで、フ …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。