まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

リス・エヴァンスさん、映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」でのリザード再演について「わからないのは良い事です」とコメント

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」では過去シリーズより何人ものヴィランが再登場する事がトレーラーなどからも確認出来ていますが、その中でリザードとサンドマンに関してはキャストが判明していません。2012年公開の映画「アメイジング・スパイダーマン」でリザード/カート・コナーズを演じたリス・エヴァンスさんが、海外メディア Murphy’s Multiverse とのインタビューで再演の可能性について質問され、コメントしました。

sponsored link
 

「ノー・ウェイ・ホーム」でリザードを演じているのはあなたですか、と質問されたエヴァンスさんは「そうですね・・・たいていのクリスマスプレゼントと同じように、開けるまで中身が判らないというのは良い事だと思います」と、明確な回答を避けました。

「ノー・ウェイ・ホーム」ではグリーンゴブリン役にウィレム・デフォーさん、ドクター・オクトパス役にアルフレッド・モリーナさん、エレクトロ役にジェイミー・フォックスさんが過去シリーズより再演する事が明らかになっていますが、リザード役のリス・エヴァンスさんとサンドマン役のトーマス・ヘイデン・チャーチさんが戻ってくるかどうかは不明となっています。

また、ミステリオやバルチャーの再登場やヴェノムの合流なども明かされていません。

「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の公式あらすじは以下の通りです。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』でピーター<スパイダーマン>はミステリオを倒したが、彼が遺した偽映像をデイリー・ビューグルが公開したことで、ミステリオ殺害の嫌疑をかけられる。ピーターがスパイダーマンの正体であることも暴かれてしまい、彼の生活は一変してしまう──

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は 2021年12月17日 に米国及びその他多くの国で公開、2022年1月7日 に日本公開予定です。

ソース:EXCLUSIVE: Rhys Ifans Comments on ‘No Way Home’ Return

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

アンドリュー・ガーフィールドさんとキルスティン・ダンストさんがMCU「スパイダーマン3」にキャスティングされたと報じられる

映画「アメイジング・スパイダーマン」シリーズでスパイダーマン/ピーター・パーカーを演じたアンドリュー・ガーフィールドさんと、サム・ライミ監督の映画「スパイダーマン」シリーズでメリー・ジェーン・ワトソン …

映画「ソー/ラブ&サンダー」は追加撮影の予定を抱えていると報じられる

7月の劇場公開を控えるMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー/ラブ&サンダー」が近々追加の撮影の予定を立てていると、海外メディア The Wrap が報じました。この撮影による公開 …

トム・ヒドルストンさん、映画「ソー:ラブ&サンダー」出演の噂を否定

本日配信開始のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」で主演を務めるトム・ヒドルストンさんが、映画「ソー:ラブ&サンダー」に出演の噂を海外メディア Digital Spy …

【噂話】マーベル・スタジオはモニカ・ランボーの単独シリーズを開発中

マーベル・スタジオがテヨナ・パリスさん演じるモニカ・ランボーのソロシリーズを開発中だと報じられました。MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」で登場したモニカ・ランボ …

シネマコン2022で映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」の映像が公開されたと報じられる

ラスベガスで開催されたシネマコン2022(映画興行主向けのコンベンション)の中で、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」のファーストルック映像が …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。