まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」、ケヴィン・ファイギ代表が期待値を上げすぎないよう警告

投稿日:

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が、海外誌 Empire Magazine の12月号で、映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にまつわるファンの期待について語りました。特に、これまでのスパイダーマンを演じてきたトビー・マグワイアさんとアンドリュー・ガーフィールドさんが本作に登場するという噂について誌面で触れています。

sponsored link
 

このインタビューの中で、ファイギ社長は次のように述べました。

噂は、その多くが真実であり、多くが真実ではないので、それ自体は楽しいものです。危険なのは、人々が手に入れた映画に興奮し、手に入れられなかった映画に失望しないようにという期待ゲームに参加するときです。

このようにファイギ社長は期待を上げすぎないよう、インタビューのコメントでファンに釘をさす形となりました。

過去の二人のスパイダーマンが再登場するという噂について、公開されているトレーラーで判断する事は難しいようです。

にもかかわらず、ほとんどのファンは、2人の俳優が間違いなく登場することを完全に確信しています。原因はいくつかありますが、以前にリークされたセットビデオには、スパイディのコスチュームを着たガーフィールドさんが映っており、当初は偽物ではないかと推測されていましたが、VFXの専門家がビデオを分析した結果、本物の可能性が高いと主張しています。

また、「ノー・ウェイ・ホーム」でピーターの通っていた高校の教師ジュリアス・デル役を再演しているJ.B.スムーヴさんは、「ホランドとマグワイアとの共演が最も楽しみ」と語り、この噂に火をつけました。(外部英語記事

さらにイギリスでは11月8日にサム・ライミ版「スパイダーマン」3作と「アメイジング・スパイダーマン」2作の4k UHD Blu-ray ボックスが登場(外部英語記事)するなど、「ノー・ウェイ・ホーム」公開前のこのタイミングで気になる商品展開も行われています。

米国での公開まで2ヶ月を切った本作、ファイギ社長の警告に従うべきか構わないでおくべきかは難しい所ですが、本編公開の前に第2弾トレーラーの公開にも期待がかかっています。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は 2021年12月17日 米国公開予定です。

ソース:Spider-Man: No Way Home: Kevin Feige Cautions Against Tobey Maguire & Andrew Garfield Expectations

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

クリス・ヘムズワースさん、「ソー:ラブ&サンダー」後も再演に意欲を示すも、心配を明かす

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」で主演を務めるクリス・ヘムズワースさんが海外メディア Today のインタビューで今後の再演について質問され、今後もソー役を …

マーベルの日本公式MCUページの情報で海外が大混乱に

先週、マーベルの日本公式ページの2022年作品リストが海外ファンに発見され、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のディズニープラス作品のスケジュールが日本から公式リークされたと海外で話題にな …

映画「ブラックウィドウ」より「レッドガーディアン」のスピンオフドラマが制作されると報じられる

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」に登場したレッドガーディアン/アレクセイを主人公としたスピンオフドラマがディズニープラスで制作されると、海外メディア Giant …

スターロード役クリス・プラットさん、11月から映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」の撮影に入る事を報告

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズでスターロード/ピーター・クイルを演じるクリス・プラットさんが、ジミー・キンメル・ライブ!に出演し、最新作 …

エリザベス・オルセンさん、映画「ドクター・ストレンジitMoM」の撮影が12月から始まることを明かす

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でスカーレットウィッチ/ワンダ・マキシモフを演じるエリザベス・オルセンさんが主演するドラマ「ワンダヴィジョン」が 2021年1月15日 からディズニープラ …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。