まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ドラマ「シーハルク」、新たな写真の公開でコミックのオリジンとの変更点が明らかに

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シーハルク:ザ・アトーニー」の新たなスティルが公開されました。海外メディア Entertainment Tonight が公開したこれらの新たな写真によると、シーハルクのオリジンストーリーはコミックとは少し異なる可能性があるようです。

sponsored link
 

公開された写真は以下のようなもの。

©MARVEL,Disney

写真によると、マーク・ラファロさん演じるブルース・バナーとタチアナ・マスラニーさん演じるジェニファー・ウォルターズは車の事故にあい、その際にハルクの血液がジェンの傷口から入り、シーハルクへの変身となる流れを示しているようです。

コミックのシーハルクはジェンが担当した事件のギャングの部下から銃撃され重体となり、その際にブルース・バナーの血液を輸血したことでシーハルクになりました。

今回公開された車両事故が単なる事故なのか、誰かに仕組まれたものかは不明ですが、ハルクの血液による影響という核の部分は残しつつもその経緯には少し変更が加えられているようです。

もう一点気になるのはブルース・バナーで、彼は「シャン・チー/テン・リングスの伝説」に登場した時と同様に人間の姿に戻っています。バナーとハルクの状態については不明なままの部分が多いですが、これらについても本作で言及されるのでしょうか。

ドラマ「シーハルク:ザ・アトーニー」の公式概要は以下のとおりです。

私はジェニファー。ヒーローじゃない。弁護士です――
本作の主人公は、地方検事としてバリバリ働く、ジェニファー・ウォルターズ。 彼女のささやかな願いは、ただ普通に仕事と恋を楽しむこと。 しかし、ある事故をきっかけに、突然“シー・ハルク”の力を手にしてしまった…。

解禁された予告編では、手に入れてしまった力をコントロールするため、ハルクから直々に訓練を受けるジェニファーの姿がうかがえる。 その後は超人専門弁護士に抜擢され、アボミネーションやウォンなど、顧客となる様々なマーベル・ヒーローやヴィランによる騒動への対応に追われることに。そんな中、望まずして手に入れた最強の<ハルク>の力を巡る壮大な戦いが水面下で動き出し…?
アベンジャーズ最強の力と、弁護士として最強の頭脳をあわせ持つ“シー・ハルク”による、 前代未聞のリーガルコメディ・アクション、いざ開廷! 

ドラマ「シーハルク」は 2022年8月17日 よりディズニープラスで日米同時配信です。

ソース:New She-Hulk Photos Reveal Surprising Change to MCU Hero’s Origin Story

-ドラマ
-, , ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「シーハルク」、ティム・ロスさんが主演タチアナ・マスラニーさんを褒め称える

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シーハルク」に出演するティム・ロスさんが海外メディア ET Canada のインタビューに応じ、主演のタチアナ・マスラニ …

「ワーウルフ・バイ・ナイト」の監督としてスパイダーマン作曲家マイケル・ジアッキーノさんが起用されていると報じられる

2022年のハロウィンスペシャルとして予定されているMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の「ワーウルフ・バイ・ナイト」の監督として、「ドクターストレンジ」や「スパイダーマン:ホームカミング」 …

ドラマ「ルーク・ケイジ」、マイク・コルターさんは再演に前向きになったと言う

Netflixのマーベルドラマ「ルーク・ケイジ」で主人公ルーク・ケイジを演じた俳優のマイク・コルターさんが、The Rich Eisen Show に出演し、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバー …

ドラマ「ホークアイ」のキャストが判明 ─ エコーやソーズマンも登場か

ディズニープラスで配信予定のドラマ「ホークアイ」に登場する、5人の新たなキャストと役割が判明した事を、多くの海外メディアが取り上げています。これにより、新たなヒーローやヴィランの登場が明らかにされまし …

エリザベス・オルセンさん、ドラマ「ワンダヴィジョン」ではコミックベースのスカーレットウィッチとなることを明かす

ドラマ「ワンダヴィジョン」でスカーレットウィッチ/ワンダ・マキシモフを演じるエリザベス・オルセンさんが、ニューヨーク・タイムズ紙とのインタビューで「これまでよりもコミックに近いワンダを見られる事」を明 …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。