まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」、シム・リウさんが終盤の急展開を解説

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」は公開から約4週間で米国興行収入が2億ドルを突破し、更に1週間後の本日で2.5億ドルを突破する快挙となっています。しかし終盤のとある展開が観客を二分し、納得がいかないと声を上げるファンに対して、主演のシム・リウさんが自身のSNSにて解説をしました。

※これより先は映画のネタバレを含んでいます。問題ない方のみ、この先を御覧ください。

sponsored link
 

シム・リウさんはInstagramのストーリーに以下のような画像を投稿しました。

Image from Instagram

多くの方から、このエンディングについてのご質問をいただきましたが、その際には、あまり多くを語らないようにしています。私たちのストーリーにぴったりのエンディングだと思っています。

ショーンは、自分の一部を拒絶するのではなく、受け入れることができました。
そして、彼が自分自身の中にある葛藤を解決すると、彼は自分の可能性を最大限に引き出します。
それは、文字通りドラゴンに乗って、魂を吸う巨大な悪魔との戦いに、家族と一緒に、対立することなく、ともに参加することです。憎しみではなく、父への愛を原動力に。

終盤でシャン・チーは父ウェンウーと戦い、修行の成果を発揮してテン・リングスをマスターしました。しかし、ターローの洞窟に封印されていたドウェラー・イン・ダークネスがウェンウーの過ちで解放されてしまい、ウェンウーは息子のシャン・チーをかばって代わりに魂を吸われてしまいました。

その後、シャン・チーは妹シャーリンと龍のグレートプロテクターとともにドウェラー・イン・ダークネスを撃破するのでした。

父のテン・リングス、母の武術、そして妹と龍と共に戦う様子はリウさんが説明したように家族一丸であり、愛が原動力になっていると言えそうです。

ちなみにグレートプロテクターについては作中で詳しく説明されなかったため、今後の作品で何かしら描かれるものと思われています。なお、ドウェラー・イン・ダークネスは原作コミックとは全く違い、彼は主にドクター・ストレンジのヴィランであり人型の悪魔(闇の住人)で人間よりも知的です。コアなコミックファンは全く違うと納得の行かない人もいれば、彼が地上へ寄越した只の分身体ではないかと考察している人もいますがこちらも真相は不明です。

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」は 2021年9月3日 より劇場公開中、2021年11月12日より米ディズニープラスで会員向け見放題配信開始&各種デジタル配信、ディスク版は2021年11月30日発売です。

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

アイアンハート、ドラマに先駆けて「ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー」でデビュー?

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー」にアイアンハートが登場するかもしれないと海外メディア the Direct が報じました。「アイアンハー …

プロフェッサーX役パトリック・スチュワートさんが「ドクター・ストレンジMoM」に関して沈黙を破る

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の予告に登場していたある人物が、パトリック・スチュワートさん演じるプ …

映画「ブラックウィドウ」の本編映像”Prison Break”が公開

明後日公開予定のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」より、レッドガーディアン/アレクセイの脱獄シーンの映像「Prison Break」が公開されました。アレクセイの …

【ネタバレ注意】映画「ドクター・ストレンジ」続編のロケ地近くにあの二人の俳優の姿が

現在イギリスにて撮影が進められているMCUの映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」の撮影現場付近でとある俳優さんたちの姿が確認されました。各々が自身のInstagram …

【映画紹介】「マイティ・ソー ダーク・ワールド」【MCU Vol.8】

※この記事は本作の予告編程度の軽微なネタバレ、及び前作までのネタバレを含む可能性があります。あらかじめご了承いただける方のみ続きを御覧ください。 2014年公開の映画「マイティ・ソー ダーク・ワールド …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。