まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ドラマ「ムーンナイト」、監督がコミックと主人公が違う事について解説

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ムーンナイト」のモハメド・ディアブ監督が海外メディア Uproxx とのインタビューの中で、本作がコミックと違ってマーク・スペクターではなくスティーヴン・グラントの視点から始まる事について説明しました。

sponsored link
 

ディアブ監督は「それは意図的にそうしました。展開がありすぎて、話すことがたくさんあるんです。視聴者の皆とキャラクターが一緒に旅をしているようなもので、私たちは彼と一緒に理解したり、実際に待ってみたりすることができるのです。マーベルとジェレミー(脚本家)は、スティーヴンを日常的な男性に設定したことが、最も素晴らしいことの1つだと思う。彼はコミックの中では金持ちなんです。彼を日常的な男に仕立て上げ、彼の目を通して物事を理解し、そして彼がもう1つの自分を持っていることを発見し、それを経験させる。それが良い所です。そういうところが好きなんです。」と述べました。

コミックの場合はドラマ1話の終盤で少しだけ顔をのぞかせた「傭兵マーク・スペクター」がメインの人格になっており、スティーヴン・グラントはサブ的なキャラクターとして登場しています。MCU版では今の所スティーヴンは他の人格と連携が取れておらず、人格が変わっている間は気絶と同じ状態になっているようで、劇中でも度々時間が飛ぶような演出になっていました。

既に複数の人格を抱えている事を理解しているマークと違って、スティーヴンはまだ「自分が何かおかしい」と漠然と感じている段階。監督はそこから物語を始める事でスティーヴンの体験と視聴者をリンクさせ、解離性同一性障害の苦悩をより分かりやすく描けると考えたようです。

「ムーンナイト」の公式概要は以下のとおりです。

スティーヴン・グラントは、平凡な生活を送る温厚な男。だが彼は、夜通し悪夢にうなされ、現実と夢の区別がつかない日々に悩みを抱えていた。自分は誰なのか、何に怯えているのか。やがて自分の中に“自分以外の誰か”が潜んでいることに気づき始める。そして、スティーヴンは、彼の内に残酷なもう一人の人格<マーク・スペクター>が潜んでいることを、やがて知ることとなる―。 暴力と残虐性に満ちた<マーク・スペクター>に狂気が宿る時、マーベル・スタジオ初のダーク・ヒーロー<ムーンナイト>が誕生する――。

ドラマ「ムーンナイト」シーズン1 第2話は 2022年4月6日 16時よりディズニープラスで日米同時配信予定です。

ソース:With ‘Moon Knight,’ Director Mohamed Diab Pulls Off The Impossible

-ドラマ
-, , ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「ムーンナイト」、タウエレト役アントニア・サリブさんが舞台裏写真を公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ムーンナイト」でエジプトの女神タウエレトを演じたアントニア・サリブさんが、撮影時の舞台裏写真を自身のSNSで公開しました。驚いた事にタウエレトは …

ドラマ「ムーンナイト」、オスカー・アイザックさんはアベンジャーズよりミッドナイト・サンズに興味があると言う

今月末の配信を控えるMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ムーンナイト」の主演を務めるオスカー・アイザックさんが、海外メディアとのインタビューの中で、「アベンジャーズ」よりも「ミッド …

ドラマ「ワンダヴィジョン」の新トレーラー「Signal」が公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」の新たなトレーラー、Signal編が公開されました。配信開始まであと11日となり、投稿には「新時代に注目してください。マーベル …

ハロウィンスペシャル2022「ワーウルフ・バイ・ナイト」の撮影開始が確認される

マーベル・スタジオが制作するディズニープラス向けハロウィン・スペシャルドラマ「ワーウルフ・バイ・ナイト」の撮影が始まった事が確認されました。アメリカ、ジョージア州の公式サイトによると、ディズニープラス …

ドラマ「ロキ」、トム・ヒドルストンさんがロキの多面性について語る

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」の主演を務めるトム・ヒドルストンさんが、マーベル・エンターテイメントとのインタビューで様々なバージョンのロキを演じることについての思いを明 …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。