まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ドラマ「ムーンナイト」、監督がコミックと主人公が違う事について解説

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ムーンナイト」のモハメド・ディアブ監督が海外メディア Uproxx とのインタビューの中で、本作がコミックと違ってマーク・スペクターではなくスティーヴン・グラントの視点から始まる事について説明しました。

sponsored link
 

ディアブ監督は「それは意図的にそうしました。展開がありすぎて、話すことがたくさんあるんです。視聴者の皆とキャラクターが一緒に旅をしているようなもので、私たちは彼と一緒に理解したり、実際に待ってみたりすることができるのです。マーベルとジェレミー(脚本家)は、スティーヴンを日常的な男性に設定したことが、最も素晴らしいことの1つだと思う。彼はコミックの中では金持ちなんです。彼を日常的な男に仕立て上げ、彼の目を通して物事を理解し、そして彼がもう1つの自分を持っていることを発見し、それを経験させる。それが良い所です。そういうところが好きなんです。」と述べました。

コミックの場合はドラマ1話の終盤で少しだけ顔をのぞかせた「傭兵マーク・スペクター」がメインの人格になっており、スティーヴン・グラントはサブ的なキャラクターとして登場しています。MCU版では今の所スティーヴンは他の人格と連携が取れておらず、人格が変わっている間は気絶と同じ状態になっているようで、劇中でも度々時間が飛ぶような演出になっていました。

既に複数の人格を抱えている事を理解しているマークと違って、スティーヴンはまだ「自分が何かおかしい」と漠然と感じている段階。監督はそこから物語を始める事でスティーヴンの体験と視聴者をリンクさせ、解離性同一性障害の苦悩をより分かりやすく描けると考えたようです。

「ムーンナイト」の公式概要は以下のとおりです。

スティーヴン・グラントは、平凡な生活を送る温厚な男。だが彼は、夜通し悪夢にうなされ、現実と夢の区別がつかない日々に悩みを抱えていた。自分は誰なのか、何に怯えているのか。やがて自分の中に“自分以外の誰か”が潜んでいることに気づき始める。そして、スティーヴンは、彼の内に残酷なもう一人の人格<マーク・スペクター>が潜んでいることを、やがて知ることとなる―。 暴力と残虐性に満ちた<マーク・スペクター>に狂気が宿る時、マーベル・スタジオ初のダーク・ヒーロー<ムーンナイト>が誕生する――。

ドラマ「ムーンナイト」シーズン1 第2話は 2022年4月6日 16時よりディズニープラスで日米同時配信予定です。

sponsored link
 

ソース:With ‘Moon Knight,’ Director Mohamed Diab Pulls Off The Impossible

-ドラマ
-, , ,

執筆者:

関連記事

サンディエゴコミコン2020が正式に中止に ─ 次回は2021年7月22日から

アメリカで毎年開催されている世界最大級のポップカルチャーイベント「サンディエゴコミコン2020」が正式に中止となることが発表されました。 本来は米国時間7月23日~26日にまで開催される予定でしたが、 …

レディー・シフが映画「ソー:ラブ&サンダー」に帰ってくると報じられる

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「マイティ・ソー」シリーズのキャラクター、レディー・シフがシリーズ最新作となる「ソー:ラブ&サンダー」に帰ってくると、海外メディアの Dea …

ドラマ「ホークアイ」よりエコーとカジのポスターが公開

現在配信中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」より、エコーとカジのキャラクターポスターが公開されました。コミックではどちらもキングピン/ウィルソン・フィスクの部下であ …

ドラマ「ミズ・マーベル」、2022年夏まで延期?出演俳優の気になるツイート

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ミズ・マーベル」は5月にタイでの撮影を終了したことが報告されており、現在ポスト・プロダクションの真っ最中。当初は2021 …

ドラマ「ムーンナイト」のヴィランにギャスパー・ウリエルさんがキャスティング

ヘイリー・アトウェルさんやトム・ヒドルストンさんが所属する、日本で言う所の芸能プロダクション Hamilton Hodell に所属している俳優のギャスパー・ウリエルさんが、ディズニープラスで配信予定 …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。