まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

米ディズニープラスでMCU13作品がIMAX対応に

投稿日:

米ディズニープラスが2021年11月12日のディズニープラスデイから、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の13作品を対象にIMAX拡張アスペクト(画面比率)が導入される事を発表しました。同日配信予定の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」もこのフォーマットでスタートするとの事です。記事執筆時点で日本での対応状況は不明です。

sponsored link
 

ディズニープラスのIMAX拡張「IMAX Enhanced」で、家にいながらしにて1.90:1のIMAXの画面比率での映画鑑賞体験が可能となります。最大25%の画質アップとなるシーンもあり、映画制作者が意図したとおりの映像となります。また、今後は没入感のあるDTSによるサウンドもIMAX Enhancedに追加される予定との事。

12日から対応する作品は以下の13作品です。

  1. アイアンマン
  2. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
  3. シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
  4. ドクター・ストレンジ
  5. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
  6. マイティ・ソー バトルロイヤル
  7. ブラックパンサー
  8. アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
  9. アントマン&ワスプ
  10. キャプテン・マーベル
  11. アベンジャーズ/エンドゲーム
  12. ブラック・ウィドウ
  13. シャン・チー/テン・リングスの伝説

「ディズニーとマーベル・スタジオとIMAXは、世界でもっとも人気の映画作品の数々を映画館で上映するために何年間にもわたって協力してきました。金曜日、IMAXの技術をIMAX Enhancedという形でご家庭にお届けいたします」とディズニープラスの代表のマイケル・ポール氏は述べています。「マーベルファンとDisney+の契約者のみなさんに、価値あるものを新たにお届けできるのが楽しみです。そして、今後さらに多くの作品をIMAX Enhancedでお届けできることも楽しみにしています」

「IMAXとディズニー、そしてマーベル・スタジオはファンが望むものをお届けします。それは、マーベルスタジオの作品を通しての最高に没入感のある鑑賞体験です。劇場限定公開からご家庭での視聴へ、アベンジャーズたちの集合をこれまで以上に高画質で観ることができるのです」とIMAXのCEOはリチャード・ゲルフォント氏はコメントしています。

日本での対応状況は不明ですが、IMAX Enhanced に関する日本語ヘルプページが用意されているため、米国に続いて対応していくものと推測されます。

※追記:日本でも対応が発表されました。日本では未配信の「アイアンマン」を除く12作品が対応するようです。

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」監督が将来スパイダーマンとのクロスオーバーが起こりうると語る

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」のアンディ・サーキス監督が海外メディア IGN とのインタビューに応じ、将来的 …

「ビッグ・ヒーロー・シックス」のMCU参入の噂をディズニーが否定と報じられる

昨日多くの海外メディアが取り上げた「ビッグ・ヒーロー・シックス」のヒロ・タカチホとベイマックスがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に導入されるとの噂話について、ディズニーが否定したと海外メ …

プレイステーションから映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の独占動画が公開

ソニー・ピクチャーズが制作するSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の新たなスニークピークが公開されました。動画は同じソニーグループであるプレ …

映画「ブラックウィドウ」の今後についてプロデューサーが語る

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」のプロデューサー、ブライアン・チャペックさんが、海外メディア Entertainment Tonight とのインタビューで、フ …

映画「ニュー・ミュータンツ」の劇中フォトが公開

ディズニーに買収され、20世紀FOXから20世紀スタジオと改名してから、初となるマーベル映画「ニュー・ミュータンツ」の新しい写真が公式ツイッター上で公開されました。どのメンバーがお気に入りですか? イ …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。