まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ヘイリー・スタインフェルドさん、ドラマ「ホークアイ」でのフローレンス・ピューさんとの共演について語る

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」に出演するヘイリー・スタインフェルドさんが、海外メディア Cosmopolitan  とのインタビューの中で、エレーナ・ベロワを演じるフローレンス・ピューさんとの共演について「エネルギーが似ている」と語りました。

sponsored link
 

すぐに仲良くなれそうでしたか?と聞かれたスタインフェルドさんは以下のように述べました。

ああ、100%ね。正直なところ、すぐにそれを感じました。彼女も同じことを言ってくれることを願っています。なんてね。今になって言うと、『最初から分かっていたよ!』という感じです。もし彼女が「この子か」と思っていたら?いや、エネルギーが似ていたんだと思いますよ。一緒に撮影していて、何かがうまくいかなかった瞬間があったんです。そこから立ち直ることはできませんでした。私は大笑いして、誰かに泣いていると思われてしまいました。そして私は、文字通り地面に顔を伏せて、ただ大笑いしていました。私たちは本当に一緒に素晴らしい時間を過ごしました。

そして、「注意してほしいのですが、私たちが出ていたシーンは、全く笑いを誘うようなものではありませんでした。本当に素晴らしい時間を共に過ごしました。」と補足しました。

今の所、「ホークアイ」にエレーナが登場する事は公式には明かされていません。先日、監督がエレーナ登場について質問された際も「私は何も言えません」とエレーナについて頑なに秘密にされています。

しかし「ブラックウィドウ」のポストクレジットシーンを考えても「ホークアイ」でエレーナが登場する事はほぼ確定的であるようにも思えます。

クリントとナターシャが異なる立場で出会いながらも親友となったように、二代目ホークアイのケイトと二代目ブラックウィドウのエレーナも親友同士になれるのでしょうか?

公式概要は以下の通りです。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』後のニューヨークが舞台。 アベンジャーズを辞めたい男・ホークアイのただ一つの願いは、家族と平穏なクリスマスを過ごすこと。 けれども、彼の過去に関わる事件が起こり、トラブルに巻き込まれていくことに…。 アベンジャーズになりたい若き弓の使い手、ケイト・ビショップがホークアイの戦いに加わるが、果たして彼はニューヨークを舞台にした壮大な戦いを切り抜け、クリスマスを無事迎えることができるのか ホークアイ(クリント・バートン)役にジェレミー・レナー、ケイト・ビショップ役にヘイリー・スタインフェルドを迎える。 その他の出演にヴェラ・ファーミガ、フラ・フィー、トニー・ダルトン、ザン・マクラーノン、ブライアン・ダーシー・ジェームズ、そしてアラクア・コックスをマヤ・ロペス役として迎える。 リース・トーマスと、監督デュオのバート&バーティが監督を務める『ホークアイ』は11月24日ディズニープラスで独占配信開始

ドラマ「ホークアイ」は 2021年11月24日 ディズニープラスで配信開始です。

ソース:Everybody Wants Hailee Steinfeld

-ドラマ
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

マーベル・スタジオは20以上の未発表プロジェクトを進行中と報じられる

2008年公開の映画「アイアンマン」から2021年の「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」までの間に、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)は映画27作品とディズニープラスシリーズ5作品が制 …

ドラマ「シークレット・インベージョン」の再撮影には4ヶ月が見込まれていると報じられる

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シークレット・インベージョン」の再撮影が最長4ヶ月間に渡って行われる見通しであると、海外スクーパーのダニエル・リヒトマンさんが Patreon …

ドラマ「ロキ」、脚本家、女優がレンスレイヤーの真実について語る

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」シーズンの最終話の配信を終え、レンスレイヤーを演じたググ・バサ=ローさんと脚本家のマイケル・ウォルドロンさんが Marvel.com との …

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」、エイドリアンヌ・パリッキさんはモッキンバードの再演を願っている

米ABC制作のドラマ「エージェント・オブ・シールド」でS.H.I.E.L.D.のエージェント、モッキンバード/ボビー・モースを演じたエイドリアンヌ・パリッキさんが、海外メディア Comicbook.c …

ディズニープラスの新コンテンツ「Marvel Studios’ ASSEMBLED」が発表

ディズニーが自社のストリーミングサービス「ディズニープラス」向けコンテンツとして「Marvel Studios’ ASSEMBLED」の配信決定を発表しました。米国で2021年3月12日か …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年1月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。