まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ドラマ「ホークアイ」にスパイダーマン登場はあるのか?ケヴィン・ファイギ社長がコメント

投稿日:

来週24日からディズニープラスで配信予定のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」にスパイダーマンが登場するのかどうかについて、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が言及しました。「ホークアイ」と映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」はともにクリスマスのニューヨークを舞台に描かれます。

sponsored link
 

「ホークアイ」の記者会見で「スパイダーマンや他のニューヨーク・ヒーローを見ることが出来ますか?」と質問されたファイギ社長は次のように述べました。

マーベルコミックでは、スパイディがいつ来てもおかしくないし、ファンタスティック・フォーが飛んできてもおかしくありません。しかし、コミックの中でも大事なのは「あなたが語る物語とは何か」ということです。それが常に第一の焦点でなければならないのです。今回の場合は、クリントとケイトに焦点を当てています。クリントのことをもっと知りたい、ケイトに会って知りたい、このドラマシリーズのすべてがそのために集中しています。

ファイギ社長は今回のドラマでのスパイダーマンとのクロスオーバーの可能性を暗に否定しました。確かにコミックを考えても、ニューヨークが舞台だからといって常にスパイダーマンが登場するわけではありません。

そもそも「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の予告を見る限りは、クリントのいるニューヨークとピーターのニューヨークが同じとは言い切れない状態であり、映画を見るまでは何とも言えないようです。

「ホークアイ」のスパイダーマン・クロスオーバーの可能性はなさそうですが、アラクア・コックスさん演じるエコーを通じた「デアデビル」シリーズとのクロスオーバーの可能性についても注目ポイントとなっています。彼らもまたニューヨークを拠点とするキャラクターたちであり、コミックファンの期待を集めています。

「ホークアイ」の公式概要は以下の通りです。

アベンジャーズ創設メンバーのオリジナル・ドラマシリーズがディズニープラスで独占配信! 『アベンジャーズ/エンドゲーム』後のニューヨークが舞台。 アベンジャーズを辞めたい男・ホークアイのただ一つの願いは、家族と平穏なクリスマスを過ごすこと。 けれども、彼の過去に関わる事件が起こり、トラブルに巻き込まれていくことに…。 アベンジャーズになりたい若き弓の使い手、ケイト・ビショップがホークアイの戦いに加わるが、果たして彼はニューヨークを舞台にした壮大な戦いを切り抜け、クリスマスを無事迎えることができるのか。

ドラマ「ホークアイ」は 2021年11月24日 ディズニープラスで配信開始です。

-ドラマ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

デイジー・ジョンソン役クロエ・ベネットさんが「エージェント・オブ・シールド」で最も嫌いなシーンを明かす

ABC制作のマーベルドラマ「エージェント・オブ・シールド」が米ディズニープラスで配信される事がようやく決定した事で、ファンたちの間で過去の名シーンなどがツイートされ盛り上がっています。その中で、とある …

ヘイリー・アトウェルさん、「エージェント・オブ・シールド」ファイナルシーズンには出演なし? ─ インスタで回答

米ABC制作のマーベルドラマ、「エージェント・オブ・シールド」のファイナルシーズンが現在米国にて放送中。2013年に始まったこのドラマもいよいよ完結を迎えようとしています。 ファイナルシーズンではコー …

ドラマ「ミズ・マーベル」、パキスタンでMCUディズニープラス史上初の劇場公開へ

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ミズ・マーベル」がパキスタンで劇場公開される事が発表されました。ドラマ「ワンダヴィジョン」の配信以降、ディズニープラス限定だったMCUドラマ作品 …

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」監督がサノスに関する噂を否定

昨日、ディズニープラスで配信予定の「ザ・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー・ホリデー・スペシャル」について「ガモーラ&ネビュラとサノスの家族のような関係についてフォーカスされた作品になる。」と報じられ …

【噂話】ドラマ「シーハルク」にウォンが登場すると言う

2022年、ディズニープラスで配信予定のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シーハルク」に「ドクター・ストレンジ」シリーズに登場しているソーサラースプリームのウォンが登場すると、海 …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。