まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「エターナルズ」、アンジェリーナ・ジョリーさんは当初は小さなカメオの予定のつもりでいた

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」にに登場するセナを演じるアンジェリーナ・ジョリーさんが、初期の段階では「ごく小さなカメオ出演」程度に考えていたようだと、プロデューサーのネイト・ムーアさんが海外メディア Comicbook.com とのインタビューで明かしました。

sponsored link
 

ムーアさんはインタビューの中で次のように述べました。

最初に彼女と話をしたとき、ジョリーは、とても小さなカメオ出演だと思っていたと思いますが、開発が進むにつれ、この役の大きさに驚いていました。

ムーアさんによると、もともとセナの出番はかなり少なく設定されていたそうです。このキャラクターは最も強力なエターナルズの一人として舞台裏で小さな役割となる予定でしたが、開発が進むにつれ次第に役割が大きくなり、ジョリーさんはセナに全力で取り組み、独自の動きを生み出したと明かしました。

彼女は「ソルト」や「トゥームレイダー」、「60セカンズ」などの映画に出演してきました。そこで、彼女とスタントコーディネーターが協力して、これまでとは違う感じの動作スタイルを作りました。彼女は「これは前にやったことがあるわ。他のことをやってみたらどうだろう?」と提案したのでその一環として、彼女が訓練して使いこなせるような武器システムを開発しました。彼女は剣術や棒術などをあまりやったことがなかったからです。

日本でもファンが多く、有名な俳優であるアンジェリーナ・ジョリーさんが演じるとあってセナは注目のキャラクター。公開されているトレーラーでもその戦闘スタイルを少しだけ確認出来ますが、本編ではどのようなアクションを見せてくれるのでしょうか。

また、コミックではサノスとはいとこ関係にあるため、映画で言及されるのかも注目のポイントとなっています。

「エターナルズ」の公式あらすじは以下のとおりです。

数千年にもわたり、宇宙的規模の“脅威”から人類を守り続けてきた者たちがいた。
彼らの名は、エターナルズ──。
『アベンジャーズ/エンドゲーム』のその後、地球に再び想像を絶する“脅威”が迫っていた。
その時、数千年の時を経て、エターナルズが人類の前に姿を現す。
地球滅亡まで彼らに残された時間は、あと7日……。
タイムリミットが迫る中、彼らは世界中に散らばった仲間たちと結集し、人類を守ることができるのか。
そして彼らを待ち受ける<衝撃の事実>とは……。

映画「エターナルズ」は 2021年11月5日 公開予定です。

ソース:Eternals: Angelina Jolie Was Originally Going To Be A Cameo

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

ベネディクト・ウォンさんはウォンとネッドの師弟コンビ作品を望んでいる

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」でソーサラースプリームのウォンを演じている俳優のベネディクト・ウォンさんが、ポッドキャスト「 …

映画「ソー:ラブ&サンダー」、タイカ・ワイティティ監督がソーとマイティ・ソーの戦闘スタイルの違いを説明

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」のタイカ・ワイティティ監督が、海外メディア Total Film とのインタビューの中で、クリス・ヘ …

Tideと映画「ドクター・ストレンジ2」のコラボCM第2弾が公開で、スパイダーマンカメオを示唆?

P&Gの衣料用洗剤TideとMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の新たなコラボCMが公開されました。前回は映画「ブラック …

映画「ブラックウィドウ」にウィンターガードが登場する? ─ デヴィット・ハーバーさんが謎の投稿

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」の新しいキャラクターポスターが公開された事を受けて、レッドガーディアン/アレクセイを演じるデヴィット・ハーバーさんも自身のIns …

ディズニープラスにMCUのショートフィルム「マーベル・ワンショット」シリーズがサイレント追加

ディズニーが運営する動画配信サービス「ディズニープラス」にMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のショートフィルムシリーズ「マーベル・ワンショット」が追加されている事が海外で報告されました。も …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。