まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「エターナルズ」からベッキー・リンチさんが削除されていたと言う

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」からWWEレスラーのベッキー・リンチことレベッカ・クインさんが削除されたと、プロレス系スクーパーの Fightful Select がPatreonにて報じました。

sponsored link
 

レポートによると、リンチさんは「エターナルズ」のポストクレジットシーンで役割を持っていたようです。そして、マーベル・スタジオ自身が女優の演技に満足していたとも主張しており、シーンがカットされた理由と彼女は何の関係もないとしています。

同サイトはまた、リンチさんのシーンが実際に撮影されたのか、カメラの前に出る前にカットされたのか、はっきりしたことは分からないと報告しています。

情報筋によると、問題のシーンは「Depressing(気が重い、憂鬱)」なもので、ハリー・スタイルズさんのエロスも含まれていたと言います。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

The Man(@beckylynchwwe)がシェアした投稿

今のところ制作関係者やリンチさん自身のコメントがないため、彼女が何を演じていたのか、どういう内容だったのかは明確になっていません。映画に未登場だったコミック版エターナルズのメンバーの誰かかもしれませんし、特に名前のないキャラクターであったかもしれません。

ベッキー・リンチさんがマーベル映画に出演するとの報道は2020年頃に始まりましたが、公開された映画の中では確認出来ませんでした。今回のレポートによると実際に脚本も出来ていたようですが、撮影中の変更によるシーンの削除が影響したのか、リンチさんがスクリーンに登場する事はありませんでした。

MCUでは過去にも「アベンジャーズ/エンドゲーム」にてキャサリン・ラングフォードさんが成長したモーガン・スタークを演じ、撮影したにも関わらず全てカットされたという前例もあるため、リンチさんが撮影を終えていてもカットされた可能性は十分にあるようです。

「エターナルズ」のクロエ・ジャオ監督は以前のインタビューにて「エターナルズの全員が記憶をリセットされ次の惑星に向かう」エンディングがあったと話しており、それにあわせて今回報告された「憂鬱なポストクレジットシーン」が紐づいていて、そこにリンチさんが登場する予定だったと推測するのが自然でしょうか。

映画「エターナルズ」はディズニープラスで配信中です。

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

【ネタバレ注意】映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」のヴィランがグッズ画像より明らかに?

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」のヴィランがついに明らかになったかもしれません。オーストラリアの本屋 Bookto …

映画「ザ・マーベルズ」のパク・ソジュンさんの役割が報じられる

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ザ・マーベルズ」への出演が発表されているパク・ソジュンさんの役割についていくつかの海外スクーパーが報じています。しかしその …

ベティ役アンガーリー・ライスさん、スパイダーマンの撮影は秘密のテーマパークに行くようなものだと語る

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン」シリーズで、主人公ピーター・パーカーの同級生の女の子ベティ・ブラントを演じるアンガーリー・ライスさんが、このシリーズの映画撮影が秘 …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の前監督が新予告を絶賛

2017年公開のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ」のスコット・デリクソン監督が、先日公開されたシリーズ最新作「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッド …

Marvel Studios 2021 Disney+ Day Specialは11月12日午前8時45分(PT)より配信

ディズニープラスの2周年を記念するイベント、ディズニープラスデイが2021年11月12日に開催され、マーベルファン注目のプログラム「マーベル・スタジオ 2021 ディズニープラスデイ スペシャル」が太 …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)
◆2024年5月3日「キャプテン・アメリカ:ニューワールド・オーダー」(日本未定)
◆2024年7月26日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。