まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

MCUの新ブランド「マーベル スポットライト」発表、第1弾はドラマ「エコー」

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・エンターテイメントがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の新ブランド「Marvel Spotlight」を発表しました。「ワンショット」、「アッセンブル」、「スペシャルプレゼンテーション」に続くこのブランドは、オクラホマ州デュラントで開催されたチョクトーネイションにて初公開となりました。

sponsored link
 

`

イベントにはシドニー・フリーランド監督が登場し、自身の最新作となる「エコー」の最初の2話が現地で上映されたと言います。

監督は主人公マヤ・ロペスがチョクトー族である事を強調し、「『エコー』を初公開できるのはとてもエキサイティングだし、チョクトー・ネイションでこの上映会を行うことは私にとって非常に意味のあることです。私たちが最も興奮していることの 1 つは、本格的でエキサイティングな方法でチョクトー文化を描写できることです。」と語りました。

また、このイベントで「エコー」が「マーベル スポットライト」の第1弾となる事が発表。

ストリーミング部門の責任者ブラッド・ウィンダーバウム氏は、このブランドはコミックのスポットライトシリーズと同様に、他作品を見る必要なく楽しめるものだと説明しました。

「エコー」の場合は 、より大きな MCU の継続性よりもストリートレベルの物語に焦点を当てています。コミックファンが『ゴーストライダー スポットライト』のコミックを楽しむために『アベンジャーズ』や『ファンタスティック・フォー』を読む必要がなかったのと同じように、MCUの視聴者もマヤの物語で何が起こっているのかを理解するために他のマーベルシリーズを見ておく必要はありません。

すべてのタイトルに関連性があるのが売りのひとつだったMCUですが、映画とドラマをあわせて50作品を超えるシリーズになった今、その特徴自体が新規ファンが増えにくくなったり、いわゆるスーパーヒーロー疲れの要因ともなっていました。

今後は「マーベル スポットライト」がつけられた作品はそれ単体で楽しめる作品である事が事前にわかるようになり、その第1弾が「エコー」となるようです。

ドラマ「エコー」は 2024年1月10日 に 米ディズニープラスと米Huluにて全話一挙配信です。

sponsored link
 

-ドラマ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

コールソン役クラーク・グレッグさん、MCUリターンについて「常にチャンスはある」と語る

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の「アイアンマン」から「アベンジャーズ」までのフェーズ1作品やドラマ「エージェント・オブ・シールド」でS.H.I.E.L.D.のエージェント・フィル・コー …

ドラマ「ロキ」S2、米国での配信時刻変更を受けて日本では6日午前10時配信決定

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」シーズン2の日本での配信時刻の変更を、日本のマーベル・スタジオ公式が発表しました。アメリカでは太平洋時間の 10月 …

デイジー・ジョンソン役クロエ・ベネットさんが「エージェント・オブ・シールド」で最も嫌いなシーンを明かす

ABC制作のマーベルドラマ「エージェント・オブ・シールド」が米ディズニープラスで配信される事がようやく決定した事で、ファンたちの間で過去の名シーンなどがツイートされ盛り上がっています。その中で、とある …

ドラマ「ロキ」、第1話のスタークタワーのシーンはいくつか追加撮影されていた事が明らかに

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」第1話が配信され、日本でも海外でもさまざまな反響がある中、冒頭に流れた映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」の映像のいくつかは追加で撮影して …

ドラマ「シーハルク」の新たなトレーラー「Super Hero」公開でデアデビルの姿が明らかに

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シーハルク:ザ・アトーニー」の新たなトレーラー「Super Hero」が公開されました。ジャミーラ・ジャミルさん演じるテ …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。