まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ドラマ「エコー」はMCUで最も低額な作品だと言う

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「エコー」はMCUの中でも最も低予算なドラマだったと、海外メディア Forbes が報じました。アラクア・コックスさんが主人公マヤ・ロペスを演じた本作はMCUのマーベル・スポットライトの第1弾として配信され、好評を得ました。

sponsored link
 

記事によると「エコー」の制作予算は約4000万ドルで、「シーハルク」や「シークレット・インベージョン」の 20% に満たない金額で作られている事が判明しました。

巨額の予算がかけられたにもかかわらず批判の大きかった「シークレット・インベージョン」のような作品に対して、「エコー」の成功は最近のMCU批判を解決する糸口になる可能性があると言及し、エコーを筆頭としてデアデビルやケイト・ビショップのようなストリートレベルのヒーローに注力されていくだろうと言います。

これに関して、THR では「マーベルはキャラクターをもっと活用することに興味があり、ストリートレベルのヒーローを構築するためにすでに新しいアイデアを開発中です。」と報告。「エコー」がディズニーとマーベル・スタジオの今後の計画を再考させる作品になったと指摘しています。

2023年のMCUは「アントマン&ワスプ:クアントマニア」、「シークレット・インベージョン」、「ザ・マーベルズ」などがファンの期待に答えることが出来ずに批判の対象となりましたが、その一方で「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Volume 3」、「アイアムグルート」S2、「ロキ」S2、「ホワット・イフ・・・?」S2、そして「エコー」と半分以上の作品は好評であり、スーパーヒーロー疲れと揶揄されながらもなんだかんだでヒットしてきました。

2024年はここ数年に比べると作品数をセーブしての展開となりますが、「デッドプール3」や「アガサ:ダークホールド・ダイアリーズ」など、注目作が控えています。

「エコー」が開拓した部分に続く次のキャラクターは誰になるのか、今後の噂や公式の発表に期待されています。

ドラマ「エコー」はディズニープラスで配信中です。

ソース:Echo, Daredevil And Street-Level Heroes Are The Answer To Marvel’s Disney Plus Problems

-ドラマ
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」、ワンダのヴィラン化についてプロデューサーが解説

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 先週米国で発売された書籍「MARVEL STUDIOS’ DOCTOR STRANGE IN THE MULTIVERSE OF …

ソニープロデューサーがドラマ「シルク」のニュースを近々報告できるとコメント ─ スパイダーバース延期理由も説明

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズ制作の映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」のプロデューサーを務めるフィル・ロードさんとクリストファー・ミ …

【噂話】ブレイドは映画よりも先に「マーベル・ゾンビーズ」に登場すると言う─チーム映画の開発も

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが開発中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブレイド」に関して、最近、スクーパーたちが多くの情報を提供し …

マーベル・スタジオのプロデューサーがドラマ「ロキ」の進捗状況を明かす

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ディズニープラスで配信予定のドラマ「ロキ」は2021年初頭の配信予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で今年の3月頃には撮影が中断し …

ドラマ「ロキ」の新トレーラー”Chaos”編が公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」の新たなトレーラー「Chaos」が公開されました。30秒の動画ですが、いくつかの …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール3」(日本未定)
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年11月8日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。