まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ドクター・ストレンジ」のためにギレルモ・デル・トロ監督がスタジオと面会していた事が明かされる

投稿日:

マーベルのコミックライターのニール・ゲイマンさんが Happy, Sad, Confused ポッドキャスト に出演し、「アイアンマン」1作目が公開されるよりも以前の2007年にマーベル・スタジオとギレルモ・デル・トロ監督が映画「ドクター・ストレンジ」制作のために面会していた事を明かしました。

sponsored link
 

インタビューの中でゲイマンさんは「ケヴィンと私は長年にわたって何度も話してきました。2007年にケヴィンと『ドクター・ストレンジはどうだろう』と話し合った事を覚えています。それからギレルモ・デル・トロと話し、ギレルモとアイデアを出し合い、ケヴィンに『ギレルモとならドクター・ストレンジをやれそうだ』と話しました。しかし、ケヴィンは『今は中心的なキャラクターに集中したい。ドクター・ストレンジはずっと先の話だから、そこまでする必要はない』と言っていましたよ」と語りました。

そして、その原案がコミック原作者である故スティーブ・ディッコ氏の影響を受けている事を指摘しました。

「クールなアイデアがいくつかありました。私のお気に入りはストレンジがアルコール依存症になり医師免許を剥奪されるエピソードです。これは1920年代を舞台としていました。そして魔術師の訓練を20年代後半から始め、90年間グリニッジ・ビレッジに住んでいても全く老いてはいないというものでした。」と述べ、「私たちはそのアイデアを気に入っていましたが、彼は時代遅れな人間になっていたかもしれません。でも、それ以外はスティーブ・ディッコらしい作品になったはずです」と付け加えました。

ギレルモ・デル・トロ監督はMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)はMCUに参加した事はありませんが、2002年公開のマーベル映画「ブレイド2」でメガホンを取っっており、マーベル映画ファンとしては見知らぬ顔でもありません。さらに、MCUはフェーズ4に入ってからというもの、著名な監督の起用も増加傾向にあるため、将来的にデル・トロ監督が参加する可能性も十分にあると考えられます。

映画「ドクター・ストレンジ」、「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」はディズニープラスで配信中です。

-映画
-,

執筆者:

関連記事

映画「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」よりバロン・ジモの未使用コンセプトアートが公開

映画「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」(2016年)から「ヘルムート・ジモ」の未使用に終わったコンセプトアートが公開されました。マーベル・スタジオのビジュアル開発責任者であるアンディ・パークさん …

ゲーム「Marvel’s Avengers」でMCU版のスキンが表示されるバグが発生中?

スクウェア・エニックスから販売中のゲーム「Marvel’s Avengers」で、開発元のクリスタルダイナミクスが今後MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)版のコスチュームをゲームに実装するこ …

ディズニーが映画「エターナルズ」からセックスシーンを削除した編集バージョンをいくつかの国でリリースすると報じられる

マーベル・スタジオが制作したMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」は公開初日に760万ドルを記録し好調な出だしを見せていますが、中東のいくつかの地域において、劇中のセック …

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」より、ドーラミラージュを目指す少女の物語を描く書籍が発売

マーベル・スタジオとディズニーは、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」のサイドストーリーとして、絵本「Black Panther: Wakan …

ドキュメンタリ「マーベル・スタジオ・アッセンブル」の「エターナルズ」と「ホークアイ」が2月9日より米ディズニープラスで配信へ

米ディズニープラスの2022年2月配信スケジュールが公開され、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のメイキングを描いたドキュメンタリー番組「マーベル・スタジオ・アッセンブル:ホークアイの裏側 …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。