まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

MCU版ドクター・ドゥームのデビュー作はアベンジャーズ映画に?

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

昨今とこれからのMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)について特集した海外メディア Variety の記事の中で、征服者カーンを演じるジョナサン・メジャースさんが降板に至った際にはそれに伴ってカーンの役割を縮小させる計画があると報じています。

※これより先は「ロキ」シーズン2最終話のネタバレを含んでいます。ご覧の際はご注意ください。

sponsored link
 

記事によると、2023年9月にパームスプリングスで行われた集会で、マーベル・スタジオの幹部らは征服者カーン役をリキャストする事になった際はカーンの後ろに黒幕としてドクター・ドゥームを投入するプランを話し合ったと報告しています。

ただし、これにはカーンの名を冠した「アベンジャーズ:ザ・カーン・ダイナスティ」をどうするかという問題が存在しています。もちろんタイトル変更してしまうのもひとつの手法ですが、この映画は代役俳優を使ってでもカーンをメインに据える可能性は高いようです。

というのも記事は「ロキ」シーズン2の最終回に触れ、結末では想像どおりマルチバース・ウォーの中心人物としての征服者カーンの存在が強調されると言います。

「ロキ」シーズン2は脚本家および俳優のストライキによって脚本の書き直しも再撮影もできず、この最終回を変更してリリースする事は出来なかったと指摘しています。そのため、黒幕変更を描いていく余裕が「ザ・カーン・ダイナスティ」までにあまりなく、このプランが採用された場合は「ザ・カーン・ダイナスティ」が急にカーン中心からドゥーム中心になるのではなく、映画内で徐々にシフトしていく可能性が高いようです。

そしてその後の「アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ」でドゥームの黒幕ぶりが本格的になると言う事でしょうか。コミックの「シークレット・ウォーズ」ではドクター・ドゥームがメインのキャラクターであり、コミック版の首謀者ビヨンダーの力を取り込んで世界を我が物にしようとしていました。そのため、ドクター・ドゥームが「アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ」の中心に置かれるとすれば、図らずも原作再現となるようです。

当初はフェーズ7以降のメインヴィランになるのではと考えられていたドクター・ドゥームですが、場合によっては予想より早く登場するのかもしれません。

映画「アベンジャーズ:ザ・カーン・ダイナスティ」は 2026年5月1日 米国にて劇場公開予定です。

sponsored link
 

ソース:Crisis at Marvel: Jonathan Majors Back-Up Plans, ‘The Marvels’ Reshoots, Reviving Original Avengers and More Issues Revealed

-映画
-, , , ,

執筆者:

関連記事

「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」公開日変更は米国大統領選挙が影響していると言う

ソニー・ピクチャーズが制作中のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」は先日、正式タイトルの発表と共に公開日が数週間繰り上げられることが発表されていました。 …

【噂話】映画「ファンタスティック・フォー」、フランクリンとヴァレリアもデビュー?

マーベル・スタジオが開発中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ファンタスティック・フォー」のキャスティングが今月から始まると、海外メディア Deadline のジャスティン・クロー …

マーベルがデアデビルのページから「スパイダーマン:NWH」のイベントを削除

昨日、米マーベルの公式サイトのデアデビルのページに、Netflix版のドラマ「デアデビル」の続きにMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」でのイベン …

【噂話】ニコラス・ケイジさん演じるゴーストライダーが近々MCUに戻ると言う

2007年にソニー・ピクチャーズより公開された映画「ゴーストライダー」で主演を務めたニコラス・ケイジさんが、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画に戻ってくると複数の海外スクーパーが報じ …

映画「スパイダーマン:NWH」の新たなアートが公開。彼らが来るのではなく、ストレンジたちが行く計画があった

ソニー・ピクチャーズとマーベル・スタジオのMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のコンセプトアートを担当したフィル・サンダースさんが自身の Art …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。