まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「キャプテン・アメリカ:ニューワールド・オーダー」はパラノイド・スリラーに、監督が語る

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・アメリカ:ニューワールド・オーダー」のジュリアス・オナ監督が、2024年公開予定のこの映画が「パラノイド(偏執的な)スリラー」作品になると語りました。

sponsored link
 

D23 Expo 会場で海外メディア Deadline の取材に応じたオナ監督は本作について「本当に、本当に信じられないような展開になると思います。サム(・ウィルソン)を中心としたパラノイド・スリラーで、彼は今、リーダーという立場にあり、自分が本当に大切にしている人々のグループを率いるということはどういうことか、その挑戦に対処しなければなりません。以前はチームの一員でしたが、これからチームのトップに立つということは、サムにとって新たな挑戦です。」と語りました。

また、Comicbook.com とのインタビューでも同じワードを用いて「私たちは多くのものを提供するつもりです。今回も新たな挑戦、新たな敵が登場します。私は古典的なパラノイド・スリラーが大好きで、それがこの映画の大きなインスピレーションの一部になっています。この映画では、地に足の着いた、手触りの良いアクションを追求し、他の映画では見られないような新しいものを彼に与えたいと考えています。あまりネタバレはしたくないのですが、本当に、本当にエキサイティングなことを計画しているとだけ言っておきます。」と答えています。

なお、IMDbでのパラノイド・スリラーの定義は以下のようなもの。

定義:現実の主観的な性質と、それが権力者によってどのように操作されうるかを探求する映画作品を指します。これらの力は、全体主義政府のような外的なものであることもあれば、登場人物の精神疾患のような内的なものであることもある。最も基本的なところでは、特に権力者による憶測や陰謀の可能性を描いた作品を指します。

特徴:影のある陰謀、不信感とパラノイア、アイデンティティの喪失、政府が真実を隠蔽しているという度重なる確信、多くの尊敬される社会機構の中心で何かが根本的に腐っているという確信、何らかの黄金の過去が必然的に堕落し、社会が道徳的崩壊に向かって落ちているという度重なる確信などである。

これに当てはまる映画として評価が高い映画は「ゲーム」(1997年)、「ボーン・アイデンティティ」(2002年)、「アイズ・ワイド・シャット」(1999年)、「マトリックス」(1999年)などが挙げられています。

MCUで言えばS.H.I.E.L.D.がH.Y.D.R.A.に乗っ取られていた事が判明した映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」もこのカテゴリに属しており、それに似たテイストを持っている可能性が高いようです。

本作は2023年春に撮影開始予定。主人公キャプテン・アメリカ/サム・ウィルソンにアンソニー・マッキーさん、ホアキン・トレス役ダニー・ラミレスさん、ブラック・キャプテン・アメリカ/イザイア・ブラッドリー役カール・ランブリーさんが過去作より続投。また、ヴィランとして「インクレディブル・ハルク」よりティム・ブレイク・ネルソンさん演じるリーダー/サミュエル・スターンズが再登場することが発表されました。

sponsored link
 

映画キャプテン・アメリカ:ニューワールド・オーダー」は 2024年5月3日 米国にて劇場公開予定です。

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」の新たな動画が緊迫のワシントンを明らかに

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」の新たなセット動画がSNSに登場しました。先日、本作の撮影監督が撮影の終 …

【噂話】映画「デッドプール3」には別のデッドプールも登場すると言う

マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「デッドプール3」に、デッドプールの変異体が登場すると、海外スクーパーの CWST 氏が報告しています。本作では複数のマ …

【噂話】「デッドプール&ウルヴァリン」、トレーラーのノリとは裏腹にマルチバースに深刻な危機が訪れると言う

マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「デッドプール&ウルヴァリン」は最初の予告が公開され、映画の予告動画として歴代1位の再生数を獲得するなどして話題となって …

「デッドプール&ウルヴァリン」2ndトレーラーのチェックポイント

マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「デッドプール&ウルヴァリン」の第2弾予告が公開されました。約2分のこのトレーラーからチェックしておくべき気になるポイン …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」The More Fun Stuff VersionのUS版予告が公開

ソニー・ピクチャーズが映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」The More Fun Stuff Versionの新たなトレーラーを公開しました。先日公開されたUK版予告では新カットがひとつも含 …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。