まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「キャプテン・アメリカ:ニューワールド・オーダー」はパラノイド・スリラーに、監督が語る

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・アメリカ:ニューワールド・オーダー」のジュリアス・オナ監督が、2024年公開予定のこの映画が「パラノイド(偏執的な)スリラー」作品になると語りました。

sponsored link
 

D23 Expo 会場で海外メディア Deadline の取材に応じたオナ監督は本作について「本当に、本当に信じられないような展開になると思います。サム(・ウィルソン)を中心としたパラノイド・スリラーで、彼は今、リーダーという立場にあり、自分が本当に大切にしている人々のグループを率いるということはどういうことか、その挑戦に対処しなければなりません。以前はチームの一員でしたが、これからチームのトップに立つということは、サムにとって新たな挑戦です。」と語りました。

また、Comicbook.com とのインタビューでも同じワードを用いて「私たちは多くのものを提供するつもりです。今回も新たな挑戦、新たな敵が登場します。私は古典的なパラノイド・スリラーが大好きで、それがこの映画の大きなインスピレーションの一部になっています。この映画では、地に足の着いた、手触りの良いアクションを追求し、他の映画では見られないような新しいものを彼に与えたいと考えています。あまりネタバレはしたくないのですが、本当に、本当にエキサイティングなことを計画しているとだけ言っておきます。」と答えています。

なお、IMDbでのパラノイド・スリラーの定義は以下のようなもの。

定義:現実の主観的な性質と、それが権力者によってどのように操作されうるかを探求する映画作品を指します。これらの力は、全体主義政府のような外的なものであることもあれば、登場人物の精神疾患のような内的なものであることもある。最も基本的なところでは、特に権力者による憶測や陰謀の可能性を描いた作品を指します。

特徴:影のある陰謀、不信感とパラノイア、アイデンティティの喪失、政府が真実を隠蔽しているという度重なる確信、多くの尊敬される社会機構の中心で何かが根本的に腐っているという確信、何らかの黄金の過去が必然的に堕落し、社会が道徳的崩壊に向かって落ちているという度重なる確信などである。

これに当てはまる映画として評価が高い映画は「ゲーム」(1997年)、「ボーン・アイデンティティ」(2002年)、「アイズ・ワイド・シャット」(1999年)、「マトリックス」(1999年)などが挙げられています。

MCUで言えばS.H.I.E.L.D.がH.Y.D.R.A.に乗っ取られていた事が判明した映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」もこのカテゴリに属しており、それに似たテイストを持っている可能性が高いようです。

本作は2023年春に撮影開始予定。主人公キャプテン・アメリカ/サム・ウィルソンにアンソニー・マッキーさん、ホアキン・トレス役ダニー・ラミレスさん、ブラック・キャプテン・アメリカ/イザイア・ブラッドリー役カール・ランブリーさんが過去作より続投。また、ヴィランとして「インクレディブル・ハルク」よりティム・ブレイク・ネルソンさん演じるリーダー/サミュエル・スターンズが再登場することが発表されました。

映画キャプテン・アメリカ:ニューワールド・オーダー」は 2024年5月3日 米国にて劇場公開予定です。

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」、ラップギフトがクレアの登場をからかう

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」にクレア・ストレンジが登場するという噂が以前より報じられていましたが、その可能性が急浮上して …

トム・ホランドさん、スパイダーマン最新作は「これまでで最高に野心的」と語る

ソニー・ピクチャーズが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン」シリーズでスパイダーマン/ピーター・パーカーを演じるトム・ホランドさんが、海外メディア Variet …

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」のプロモアートがリーク

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」のグッズに使用されるプロモーションアートがリークされ、シュリやオコエの外観や、メイ …

マーク・ラファロさんがハルク引退の時期について語る

2012年公開のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ」でハルク/ブルース・バナーを演じ、その後2022年のドラマ「シーハルク」まで同役を続けているマーク・ラファロさんが …

映画「ブラックウィドウ」にオルガ・キュリレンコさんがキャスティングされていると報じられる

劇場公開を控えているMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の最新映画「ブラックウィドウ」にオルガ・キュリレンコさんがキャスティングされていると、海外メディア The Direct が報じました …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。