まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ブラックウィドウ」、ナターシャの武器の新要素が判明

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」に登場するブラックウィドウ/ナターシャ・ロマノフの武器について、新たな要素がある可能性を海外メディア ScreenRant が報じました。

sponsored link
 

米国のスーパーマーケットチェーン Publix で販売が始まった「ブラックウィドウ」のトートバッグに描かれたプロモアートから、今回指摘の要素が判明したとのこと。

ナターシャは映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」に至るまでバトンを愛用していましたが、グッズに描かれたナターシャのバトンはムチのようにしなっている事が確認出来ます。記事では今回発見されたバトンはこれまでナターシャが愛用してきたバトンの未使用の機能である可能性のほか、S.H.I.E.L.D.時代、あるいはもっと前のレッドルーム時代に使っていたバトンの可能性を指摘しています。

Image from 映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」©MARVEL,Disney

ウィドウズバトンは映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」で初登場しており、wiki(英語版日本語版)ではトニー・スタークが作ったとされていましたが、メリーナやエレーナも同様の武器を所持している事を考えると、このバトンの起源はレッドルームと考えるのが自然なようです。後にS.H.I.E.L.D.やトニーが改良を加えたケースは考えられますが、何にしてもこれまでのMCUでこの武器の起源や経緯については特に説明されていません。本作でそれが描かれるかと言うと微妙な気はしますが、今回の報告のようにムチ状になるとすれば、新たなアクションシーンを見ることができそうです。

映画「ブラックウィドウ」は 2021年7月9日 より劇場公開 & ディズニープラスでのプレミアアクセス予定です。

ソース:Black Widow Movie Merch Teases New Weapons For Scarlett Johansson’s Marvel Hero

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

ケヴィン・ファイギ社長、MCU版「ファンタスティック・フォー」は「ベテランと新人の美しい組み合わせに」

2020年末にMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)版としてリブートされることが発表された映画「ファンタスティック・フォー」ですが、半年以上を経過してこれといった公式の続報は発表されていません …

映画「モービウス」、ジャレッド・レトさんがクロスオーバーしたいキャラクターを明かす

来月の公開を控えるSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「モービウス」の主演を務めるジャレッド・レトさんが、海外メディア ScreenRant のインタビューに応じ、今後クロスオーバーし …

【映画紹介】「スパイダーマン:ホームカミング」【MCU Vol.16】

※この記事は本作の予告編程度の軽微なネタバレ、及び前作までのネタバレを含む可能性があります。あらかじめご了承いただける方のみ続きを御覧ください。 2017年公開の映画「スパイダーマン:ホームカミング」 …

ジョン・クラシンスキーさんがマーベル・スタジオと面会 ─ ファンタスティック・フォーのリード役か?

ディズニーが2019年に20世紀FOXを買収し、同じくディズニーの傘下であるマーベル・スタジオは「X-MEN」と「ファンタスティック・フォー」の映画の権利を実質的に取り戻すことが出来ました。 これによ …

映画「ブラックパンサー」シリーズ、シュリのリキャストの可能性が再浮上した事が報じられる

以前から新型コロナウイルスのワクチンに対して反対の姿勢を示していたレティーシャ・ライトさんが、今なお反対を支持していると海外メディア The Hollywood Reporter が報じました。MCU …

PREV
カードゲーム「ヴァイスシュヴァルツ」にMARVELキャラクターの参戦が決定
NEXT
映画「シャン・チー」は45日間の劇場独占公開に ─ 中国では公開なしの可能性も浮上

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。