まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「シャン・チー」シム・リウさんが「アベンジャーズ5」出演の可能性についてかなり確信していると語る

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」の主演を務めたシム・リウさんが、海外メディア Men’s Health とのインタビューの中で、「アベンジャーズ:ザ・カーン・ダイナスティ」への出演の可能性について言及し、かなり確信していると語りました。

sponsored link
 

シム・リウさんは新作映画「バービー」のプロモーションの中でデスティン・ダニエル・クレットン監督と「アベンジャーズ:ザ・カーン・ダイナスティ」について質問され、次のように語りました。

ええ、きっと私もそれに参加する事になると確信しています。でもそれ以上のことは本当にわかりませんし、完全に準備が整うまでは知りたくありません。この業界、特にマーベルで私が学んだことがあるとすれば、それは、物事は常に変化しており、常に流動的であり、撮影現場にいて実際に行動するまでは、何かが起こるかどうかは実際には分からないということです。シーンは再撮影され、物事は再調整され、ポストプロダクションで視覚効果などの要素が追加されます。その間に、シャン・チーのアイデンティティとは別の、 バービーのようなプロジェクトに携わることができ、アーティストとして本当に翼を広げることができたのは、私にとって本当に充実した旅でした。

そして、「でも、もしその話が来たら、もちろんザ・カーン・ダイナスティは実現するでしょう。その声がかかったら、私は喜んで姿を現し、読むべきものは何でも読み、準備すべきことは何でもするつもりです。でもそれまでは、知らないほうがいいと思っています。」と続けました。

また、MCUで共演したい人物について質問されると「イマン・ヴェラーニを挙げたいですね。まず第一に、彼女は同じカナダ人(※1)です。彼女は本当に素晴らしい。彼女に何度か会ったことがあるし、会話をしたこともあるけれど、とても素晴らしい人間なんだ。」とミズ・マーベルとのクロスオーバーを指名しつつ、「マーベルで紹介された素晴らしい人たち全員と共演できることをとても楽しみにしています。」と付け加えました。

※1.シム・リウさんは中国系カナダ人

そして「彼女はこのマーベルの世界が大好きで、自分が置かれた立場を愛している人として、私の心に残っています。それはある意味、私自身を思い出させるのだと思います。彼女は以前からマーベルの大ファンでした。彼女にとってもMCU出演はとてもシュールで、僕と同じくらい夢が叶ったんだと思っています。」と回答しました。

シム・リウさんは先日、「シャン・チー2」が思うように進んでいない事を明かしつつも「アベンジャーズ」映画の後に続くと聞いていると言うヒントをファンに伝えていました。

また、2月末には「あなたがたが思うより早く何かがわかるかもしれない」と発言し、「ザ・カーン・ダイナスティ」よりも前に何らかのカメオ出演がある可能性も匂わせていました。

「ザ・カーン・ダイナスティ」にはどのようなヒーローが集まるのか、シャン・チーとミズ・マーベルの出会いはあるのか、今後の情報にも注目です。

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」はディズニープラスで配信中、映画「アベンジャーズ:ザ・カーン・ダイナスティ」は 2026年5月1日 米劇場公開予定です。

ソース:Simu Liu Couldn’t Keep Up With Ryan Gosling in the Barbie Gym

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

トム・ヒドルストンさん、ロキが死ぬことは「マイティ・ソー/バトルロイヤル」撮影前から知っていた事を明かす

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)シリーズでロキを演じるトム・ヒドルストンさんが、ロキの最期についてか …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のポスターに噂の証拠が発見される

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」にキャプテ …

【噂話】「スカーレットウィッチ」プロジェクトは映画化か、「ワンダヴィジョン」脚本監督が検討中

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが開発中と噂されているMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の「ワンダヴィジョン」「ドクター・ストレンジ/マルチバー …

「アイアンハート」のドミニク・ソーンさん、以前に別役でオーディションを受けていたと言う

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」、ドラマ「アイアンハート」でアイアンハート/リリ・ウィリアムズを演じるド …

映画「ザ・マーベルズ」のモニカ・ランボーのヒーロー名についてコミックライターが示唆

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 コミック「モニカ・ランボー:フォトン」を執筆したライターのイブ・L・ユーイングさんが、Youtube番組 Black Comic Lords …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。