まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ゲーム 映画

ゲーム「Marvel Contest of Champions」が映画「スパイダーマン:NWH」の噂をからかっていると話題に

投稿日:

スマホゲーム「Marvel Contest of Champions」(邦題:MARVELオールスターバトル)の新たなサイドクエストがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」に関する噂をからかっていると海外で話題になっています。Facebookユーザーのレジー・ネルソン氏が発見したとして、Twitterユーザー CaptainBayeee 氏によって報告されています。

sponsored link
 

投稿されたスクリーンショットによると、サイドクエストの説明には「シニスター・セレブレーション(不吉なお祝い)、スパイダーマンの大規模な戦いを再現…ホリデーシーズンのひねりを加えて」と記されており、各クエスト名が「To Be or Not To Be」、「And Rue the Day」、「Tomfoolery」となっていますが、これがそれぞれスパイダーマン映画の俳優の名前を示していると報告しています。

「To Be or Not To Be」の「To Be」という発音はトビー・マグワイアさん、「And Rue the Day」の「And Rue」がアンドリュー・ガーフィールドさん、そして「Tomfoolery」にはトム・ホランドさんの名が含まれており、ファンの心を刺激しています。

ただしこの画像に含まれている6人のヴィランと「ノー・ウェイ・ホーム」のトレーラーを比べると、サンドマン、リザードがゲームに登場しない代わりに「ホームカミング」シリーズからヴァルチャーとミステリオが登場しているようです。

このゲームに限らず、マーベルのスマホゲームは往々にして映画公開を記念したコラボイベントなどが開催されていますが、映画の内容を100%再現するものでないのも確かです。今回見つかった「クエスト名が俳優を示唆している」というものはゲーム開発側が仕込んだ単なる遊び心なのか、マーベルとしての正式なプロモーションなのかは不明です。

「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の公式あらすじは以下の通りです。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』でピーター<スパイダーマン>はミステリオを倒したが、彼が遺した偽映像をデイリー・ビューグルが公開したことで、ミステリオ殺害の嫌疑をかけられる。ピーターがスパイダーマンの正体であることも暴かれてしまい、彼の生活は一変してしまう──

スマホゲーム「MARVEL オールスターバトル」はAndroid、iOSで配信中、映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は 2022年1月7日 に日本公開予定です。

-ゲーム, 映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」ワールドプレミアイベントで日本のファンに向けてメッセージ

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のワールドプレミアイベントが現地時間の5月2日(日本時間3日)にロサ …

アントマンまたもや逮捕!?映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」、警察署で秘密の撮影が行われたと報じられる

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」の主演を務めるポール・ラッドさんが、先日、ロンドンでロケを行っていることを明かし、撮影が初期段階に入 …

映画「スパイダーマン:NWH」の魔法の箱に削除されたバックストーリーがある事が明らかに

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の物語の中心にあった魔法の箱マキナ・デ・カダヴスについて、VFX担当のエイドリアン・セイント・ギロンズさんが …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のウォンは異なる役割が用意されていた?コンセプトアートが公開

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のウォンの物語は当初は違うものだったかもしれないと思わせるEarth …

映画「ソー:ラブ&サンダー」撮影終了、クリス・ヘムズワースさんが報告

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」の撮影が終了したことを、主演のクリス・ヘムズワースさんが自身のInstagramで報告しました。2020年の10月頃 …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。