まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ソー:ラブ&サンダー」、ガーディアンズのパートはタイカ・ワイティティ&ジェームズ・ガン両監督の共同制作

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

現在オーストラリアで撮影が始まっているMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」には「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズからも多数のキャラクターの登場が明かされており、多くのキャストが現地で目撃されています。このクロスオーバーについて、ガーディアンシリーズのジェームズ・ガン監督が、「ラブ&サンダー」のタイカ・ワイティティ監督と協力して制作していることを明かしました。

ガン監督はTwitterにてファンから、「好奇心からですが、『ソー:ラブ&サンダー』のガーディアンズキャラクターの相談に乗ってるんですか?」との質問に「ええ、そうしています。彼らはタイカ・ワイティティと素晴らしい関係にありますよ。」と答えました。

ガン監督は映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(2018年)でもガーディアンズの世界観に一貫性を保つために提言などを行ってきました。

「ソー:ラブ&サンダー」ではヴィランの神殺しのゴアとしてクリスチャン・ベールさんが出演し、ナタリー・ポートマンさん演じるジェーン・フォスターもソーになることが公式に明かされている他、レディ・シフ役のジェイミー・アレクサンダーさんも戻ってくると報じられています。しかし多くのファンが気になっている事のひとつであるロキの登場については今の所具体的な情報はありません。

sponsored link
 

映画「ソー:ラブ&サンダー」は 2022年5月6日 米国公開予定です。

ソース:James Gunn Confirms He’s Helping Taika Waititi on Thor: Love and Thunder

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

【噂話】「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」、日本とアダマンチウムの関係が再度報じられる

マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」で紹介されるというアダマンチウムについて、新たな情報が報じられていま …

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」より、未使用に終わった悪魔たちのアートが公開

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」(2021年)より、ター・ローでの戦いに登場が計画されていたクリーチャーのコンセプトア …

米大手メディアが「スパイダーマン4」の監督、撮影に関する情報をアップデート

ソニー・ピクチャーズとマーベル・スタジオが開発中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン4」に関して、海外メディア Variety が新たな情報を報告しました。3日前、イ …

映画「クレイヴン・ザ・ハンター」のカメレオン役キャスティングが報じられる

ソニー・ピクチャーズが制作を予定しているSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「クレイヴン・ザ・ハンター」にフレッド・ヘッキンジャーさんが参加すると、海外メディア Deadline が報 …

【噂話】映画「ファンタスティック・フォー」、ヒューマントーチ役にオースティン・バトラーさんの名前が浮上

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ファンタスティック・フォー」のメンバーのひとり、ヒューマントーチ/ジョニー・ストーム役にオースティン・バトラーさんが名乗り …

PREV
ドラマ「ホークアイ」でS.H.I.E.L.D.は戻ってくる? Vol.2
NEXT
ドラマ「ワンダヴィジョン」、意外な場所で六角形が発見され海外で話題に

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。