まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

ジェフ・ワドロウ監督が幻に終わった映画「X-FORCE」の脚本内容を明かす

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

「キック・アス2」などで知られるジェフ・ワドロウ監督が Youtube 番組に出演し、2013年から20世紀FOXで計画されていた映画「X-フォース」について語りました。「デッドプール」が制作される以前に計画されていたこの映画には、コミックに忠実なデッドプールが登場する予定だったと言います。

sponsored link
 

監督は「デッドプール」が制作される前の時点で「X-フォース」の脚本を担当したと明かしつつ、次のように語っています。

幸運なことに、「デッドプール」の映画が制作される前に、FOXのために「X-フォース」の脚本を書くことが出来ました。デッドプールは「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」に登場していましたが、コミックファンとしてそれが茶番劇であることは明白でした。全くもって忌まわしい行為でした。私はこの映画でそれを正しいものにしたかったのです。

「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」に登場したライアン・レイノルズさん演じるウェイド・ウィルソンは映画の途中で人工的に様々なミュータント能力を植え付けられ、デッドプールの象徴でもあるおしゃべりにとって大事な口も縫い付けられるというアイデンティティを否定するかのようなキャラクターとなっていました。

ワドロウ監督は当時構想していた「X-フォース」の物語について次のように述べています。

この映画の売りは『X-MENが私立学校に通うミュータントの話なら、公立学校に通うミュータントはどうなるのか?』というものでした。
私は90年代に遡ってオリジナルの「X-MEN」にインスピレーションを受けてこの映画を書きました。ケーブルを登場人物たちの闇の指導者として登場させていました。ニュー・ミュータンツと呼ばれる若いミュータントたちも関係していました。キャノンボール、ブンブン、ドミノ、それからリクターやフェラルもいました。

監督は、これは『レッド・ドーン』をモデルにしたロードムービーで、ミュータントたちは西テキサスへと逃走していたと説明し、デッドプールがそれを追いかける役回りだったと言います。

私はずっと彼らを追いかけ回す敵役が欲しかったんです。デッドプールはもともとX-フォースのコミックシリーズでヴィランとして登場したので、メインの敵役が寄せ集めのヴィラン集団を倒すために雇った傭兵がデッドプールだったんです。彼は赤い防弾マスクをつけたライダースーツを着ていました。コミックブック通りの見た目にするよう、徹底的にこだわりましたよ。
ライアン・レイノルズにその役を演じてほしかったので、脚本を送って頼んだんです。彼はすごく気に入ってくれました。デッドプールにとっては壮大なカメオ出演だと言っていました。ヴィランで脇役でしたが、最終的には改心させられるキャラクターでした。

結局このプロジェクトは実現しないまま「デッドプール」がヒットし、「デッドプール2」ではX-フォースも結成されました。その後、ワドロウ監督のプランとは別の「X-フォース」がデッドプールのスピンオフが2019年、ディズニーの買収によるFOXとの事業統合の直前の時点まで動いていた事が分かっていますが、その後、報道はほとんどされなくなっていきました。

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の「デッドプール&ウルヴァリン」がヒットすれば、3度目の正直として「X-フォース」の映画化が再始動するのかもしれません。

映画「デッドプール&ウルヴァリン」は 2024年7月26日 に劇場公開予定です。

-映画
-,

執筆者:

関連記事

全米俳優組合がスト突入─「デッドプール3」、「ヴェノム3」を含む全ての作品の制作が中断へ

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 先日の記事の中でも軽くお伝えしていましたが、ハリウッドの俳優組合(SAG-AFTRA)がストライキを実施する事が発表された影響が出始めています …

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」のラップギフトが流出し、コミックからの変更点が話題に

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」のラップギフトの写真が流 …

映画「ブレイド」はR指定に、監督が認める

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが開発中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブレイド」のヤン・ドマンジュ監督が、海外メディア Deadl …

監督デビューしたジェームズ・ダーシーさん、マーベル映画の監督にも意欲的 ─ 「エンドゲーム」「エージェント・カーター」のジャーヴィス役を経て

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 俳優のジェームズ・ダーシーさんが監督としてのデビュー作「Made in Italy」のプレスツアー中に、海外メディアFandomWireのイン …

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は「もっと発表すべき事がある」と9月のD23でのサプライズを予告

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長がマーベル・エンターテインメントとのインタビューの中で、SDCC2022の大興奮の発表あと、さらなる …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。