まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ジョン・ウォーカーを演じたワイアット・ラッセルさんがU.S.エージェントの将来についてコメント

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」で2代目キャプテン・アメリカに選ばれたジョン・ウォーカーを演じた俳優のワイアット・ラッセルさんがジョンの今後について、海外メディア Vanity Fair とのインタビューでコメントしました。

sponsored link
 

政府に2代目キャプテン・アメリカをして盾とコスチュームを背負わされたジョンでしたが、作中のとあるイベントによりそのすべてを剥奪。そこにタイミングよく登場した謎の女性ヴァルの勧誘で、ジョンはU.S.エージェントとして活動することになりました。

願わくば、あなたが本当に軽蔑するように仕組まれた人物から、彼がどこから来たのかを理解する旅に連れて行ってほしい。好むと好まざるとにかかわらず、彼がなぜそれをしているのかを理解することになるでしょう。

最終回ではジョンがU.S.エージェントとして再スタートするシーンが描かれ、今後のMCUに登場するであろうことは想像に難くないわけですが、ラッセルさんはジョン・ウォーカーの復帰は視聴者の反応次第だとし、自身はこの先に何があるか把握していない事を付け加えています。

マーベル・スタジオは何が機能するかを確認する前に決定しないという、とてもクールな方法で運営されています。私はこの決定には関与していません、明らかに。

制作サイドからはシーズン2の話が示唆されたり、映画「キャプテン・アメリカ」4作目が報じられるなどしている中、同ドラマの主人公のひとりバッキー・バーンズを演じていたセバスチャン・スタンさんも「続編については聞かされていない」とコメントしていました。

今後の計画は分からないというワイアット・ラッセルさんですが、マーベル・スタジオの社長ケヴィン・ファイギ氏は彼の演技を絶賛しており、その演技力の賜物で憎まれ役として強い印象を残しました。今後のシリーズでジョンの過去についても深く描かれることを期待したい所です。

ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」シーズン1はディズニープラスで全話配信中です。

ソース:Wyatt Russell Comments on US Agent’s Future After Falcon and the Winter Soldier

-ドラマ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

【噂話】ディズニープラスで「シャン・チー」の妹シャーリンのスピンオフ計画が進められていると報じられる

マーベル・スタジオがディズニープラス向けのシリーズとして、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」に登場したシャン・チーの妹シャーリンのスピンオフ作品 …

ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」のファーストルック動画が公開

ディズニープラスで配信予定のドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」のファーストルック動画が公開されました。 sponsored link   動画によると米国では2021年3月の配信を予 …

やはりフェイク予告があった!ドラマ「ワンダヴィジョン」5話で明らかになったトレーラーとの違い

マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」のエピソード5となる「問題エピソード」が昨日配信されました。その中のとあるシーンは予告動画にあった …

ドラマ「ムーンナイト」より未使用のアメミットのコンセプトアートが公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ムーンナイト」より、ヴィランとして登場したアメミットの未使用デザインが公開されました。コンセプトアーティストであるジェラド・マランツさんが自身の …

マーベル・スタジオが新たなLLCを設立 ─ ブラックパンサースピンオフシリーズが前進か

マーベル・スタジオが新たに「Maglev Train Productions」というLLC(日本で言う合同会社)を設立したと、海外メディア The Ronin が報じました。Maglevとは磁気浮上式 …

PREV
ヴァル役ジュリア・ルイス=ドレイファスさん、舞台裏映像を公開し、出演秘密の方法を明かす
NEXT
ゲーム「Marvel's Avengers」でMCU版のスキンが表示されるバグが発生中?

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。